現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

気仙沼ちゃん、欽ちゃんと再会 「泣いてられないよ」

2011年7月6日23時13分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:贈呈された焼き物を手に、笑顔をみせる(左から)気仙沼ちゃんと夫の白幡修さん、萩本さん=6日、仙台市青葉区花京院、古庄写す拡大贈呈された焼き物を手に、笑顔をみせる(左から)気仙沼ちゃんと夫の白幡修さん、萩本さん=6日、仙台市青葉区花京院、古庄写す

 タレントの萩本欽一さん(70)が6日、テレビ番組「欽ちゃんのドンとやってみよう!」で共演し人気者となった宮城県気仙沼市在住の「気仙沼ちゃん」こと白幡美千子さん(56)と震災後初めて再会した。

 2人が顔を合わせるのは白幡さんが経営する同市の離島・大島の民宿に萩本さんが訪れて以来3年ぶり。民宿が被災して休業中のため、仙台市内のホテルで萩本さんを迎えた。

 萩本さんが「津波に遭って悲しくなかったかい、泣かなかったかい」と尋ねると、「泣いてられないよ。宿の再開は何年先かわからないけど」と白幡さん。三重県の観光大使を務める萩本さんから同県産の焼き物・萬古焼(ばんこやき)の食器などを受け取り、「一日も早く自立し、みなさんに来てもらいたい」と笑顔で答えた。食器などは気仙沼市内の仮設住宅にも配られる予定だ。(古庄暢)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧