現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

震災4カ月の日、「希望の歌」披露へ 仙台の中学

2011年7月10日1時20分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 震災から4カ月となる11日、仙台国際センター(宮城県仙台市青葉区)で「東日本大震災慰霊祭」が開かれる。式典では、市立八軒中学校の吹奏楽・合唱部が2曲の「希望の歌」を披露する。

 同校が震災後に県内の避難所などでの慰問演奏の際に歌った「あすという日が」と、阪神淡路大震災の被災地・神戸で歌われてきた「しあわせ運べるように」。「しあわせ運べるように」は、交流のある神戸市の市立玉津中学校から、この曲を歌った様子を撮影したDVDと楽譜が贈られたことをきっかけに練習をしてきた。

 神戸市の小学校教諭が作詞・作曲した曲で、歌詞には「亡くなった方々のぶんも毎日を大切に生きてゆこう」と前向きな気持ちが表現されている。顧問の高田志穂教諭は「生徒たちが歌えるようになるまで少し時間が必要だった」と言う。いまは「支援してくれた神戸の人たちのためにも、大切に歌っていきたい」と話す。部長の佐藤志織さん(3年)も「この歌を通じて、神戸の人が大切にしている思いも伝えたい」と話した。(加藤諒)

検索フォーム

こんな記事も

  • レコメンドシステムによる自動選択

おすすめリンク

日清戦争の屈辱を晴らすための念といえる「中国夢」とは?習新体制の対日外交を占う。

「東電さん」の恩恵を受け、「ふくいち感謝デー」にも毎年参加していた生活が一変して…。

禁漁になったら食べていけなくなる。漁協が考えついた苦肉の策は……。

「ゲリラ豪雨」への対策はまだ不十分。幾多の風水害の経験をどう生かしていくか。

人命優先で後回しにされた動物たちの「いのちの記録」は重い教訓を残している。

魚の放射能汚染を調べたいのに、船も検出器も技術もない――海に生きる人々の苦悩を追う。

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧