現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事
2011年8月18日11時52分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

福島市で放射線詳細調査 計測値高い一部地域

関連トピックス

 政府の原子力災害現地対策本部と福島県は18日、周辺より高い放射線量が計測されている福島市の一部地域で、詳細な線量調査を始めた。住民に避難を促す必要があるかを判断する。

 対象となるのは県庁にも近い渡利(わたり)、小倉寺(おぐらじ)の両地区。福島市内は東京電力福島第一原発から約60キロ離れているが、比較的高い線量が計測されている。中でも両地区の一部には特に高い地点があると指摘されてきた。

 政府などが7月上旬、両地区を自動車で走りながら道路沿いの線量を調べたところ、最高値は毎時3.32マイクロシーベルト。局所的に放射線量が高い家屋に対して避難を促す「特定避難勧奨地点」を伊達市などで設定した際、目安とした同3.2マイクロシーベルトを上回った。

 今回、車の調査で高い線量が計測された地域を中心に、22日まで家屋ごとの計1081地点の調査を進める。結果次第で特定避難勧奨地点の設定も検討する。

 渡利地区の小高い山のすそ野にある高橋照男さん(69)宅では、玄関先と庭の地上50センチと1メートルの高さで5回ずつ測り、平均値を出した。結果は最も高い所で毎時1.2マイクロシーベルト。高橋さんは以前、自主的に測った際には最高で同4.2あったため、庭の表土を取り除いていたという。結果を聞き、「今日の数値が高いのか低いのか判断できない。調査に来るのが遅い。夫婦2人暮らしで避難は考えていない」と話した。(小島寛明)

検索フォーム

おすすめリンク

日清戦争の屈辱を晴らすための念といえる「中国夢」とは?習新体制の対日外交を占う。

「東電さん」の恩恵を受け、「ふくいち感謝デー」にも毎年参加していた生活が一変して…。

禁漁になったら食べていけなくなる。漁協が考えついた苦肉の策は……。

「ゲリラ豪雨」への対策はまだ不十分。幾多の風水害の経験をどう生かしていくか。

人命優先で後回しにされた動物たちの「いのちの記録」は重い教訓を残している。

魚の放射能汚染を調べたいのに、船も検出器も技術もない――海に生きる人々の苦悩を追う。

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧