現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事
2011年9月7日23時28分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

福島第一原発、汚染水浄化施設の稼働率90%超に

関連トピックス

 東京電力は7日、福島第一原発の高濃度放射能汚染水を浄化する施設の直近1週間(8月31日〜6日)の稼働率が過去最高の90.6%だったと発表した。4週続けて、稼働率80%を超えた。8月18日から稼働を始めた新装置「サリー」では、91.4%だった。

 6日までの1週間の処理量は過去最高の計1万1450トン。処理を始めた6月中旬からの累積処理量は7万8430トンになった。

 東電によると、大雨などがなければ、2、3号機タービン建屋の汚染水の水位を9月中旬には、流出の危険性が減る、海水面から3メートルの高さまで下げられるという。

 東電はこの日、3号機の原子炉への注水で、従来の炉心を覆う主要部品である隔壁の外側からの注水量を毎時1トン減らした。1日に、燃料の上からシャワーのように注水する方法を導入してから、原子炉圧力容器の温度低下傾向が続いているため。

検索フォーム

おすすめリンク

日清戦争の屈辱を晴らすための念といえる「中国夢」とは?習新体制の対日外交を占う。

「東電さん」の恩恵を受け、「ふくいち感謝デー」にも毎年参加していた生活が一変して…。

禁漁になったら食べていけなくなる。漁協が考えついた苦肉の策は……。

「ゲリラ豪雨」への対策はまだ不十分。幾多の風水害の経験をどう生かしていくか。

人命優先で後回しにされた動物たちの「いのちの記録」は重い教訓を残している。

魚の放射能汚染を調べたいのに、船も検出器も技術もない――海に生きる人々の苦悩を追う。

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧