現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事
2011年10月13日1時30分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

福島知事、県産米「安全宣言」 二本松産一部は買い上げ

関連トピックス

写真:JAみちのく安達の低温倉庫には出荷を待つ新米の袋が高く積み上げられている=12日、福島県二本松市向原、宮嶋加菜子撮影拡大JAみちのく安達の低温倉庫には出荷を待つ新米の袋が高く積み上げられている=12日、福島県二本松市向原、宮嶋加菜子撮影

 コメの放射性物質検査を進めていた福島県は12日、今年の県産米の検査を終え、すべてで放射性セシウムが国の基準値(1キロあたり500ベクレル)を下回ったと正式に発表した。これでコメを作付けしている全48市町村で出荷が可能になり、佐藤雄平知事は「安全宣言」をした。

 県は8月下旬、原発事故で作付けが禁止された双葉郡などを除く48市町村で検査を開始。収穫前に汚染の傾向をつかむ予備検査と、収穫後に出荷の可否を判断する本検査の2段階で実施した。

 一般米の本検査の対象となった1174地点のうち、放射性セシウムが検出されなかったのは82%にあたる964地点。100ベクレル未満が17%の203地点、100ベクレル以上は0.6%の7地点だけだった。

 ただ、予備検査で1キロあたり500ベクレルを検出した二本松市の旧小浜町地区では、この日判明した本検査でも470ベクレルを検出。県はこの水田と、隣接する水田の計3枚(9アール)で収穫したコメ約400キロをすべて買い上げ、市場に流通しないようにする。

 結果が出そろったことを受け、佐藤知事は「コメの安全性が確認され、安堵(あんど)している」と述べた。

 国がコメの検査を求めたのは東日本の17都県で、これまでに福島県を含めた15県で終了。残る東京都も13日の6市の結果公表が最後。埼玉県も11月上旬に予定する3市を残すのみとなっている。

 農林水産省によると、12日までに17都県で実施された早場米と一般米の検査は、予備検査と本検査合わせて4029地点。検査時に設定する検出可能な数値を下回った「検出せず」が3668地点(91%)で、数値が検出されたうち国の基準値の5分の1以下だったものは347地点(9%)だった。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧