現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事
2011年10月13日12時50分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

児童は迂回して通学、高線量測定の歩道 東京・世田谷

写真:高い放射線量が測定された現場周辺で、児童の通学に付きそう保護者ら=13日午前7時49分、東京都世田谷区、金川雄策撮影拡大高い放射線量が測定された現場周辺で、児童の通学に付きそう保護者ら=13日午前7時49分、東京都世田谷区、金川雄策撮影

写真:世田谷区から委託を受け、放射線量を再測定する作業員=13日午前10時9分、東京都世田谷区、金川雄策撮影拡大世田谷区から委託を受け、放射線量を再測定する作業員=13日午前10時9分、東京都世田谷区、金川雄策撮影

 東京都世田谷区弦巻5丁目の歩道の一部で毎時2.7マイクロシーベルトの放射線量が測定されたことを受け、この歩道を通学路としていた小学校は13日朝、100メートルほど離れた道で児童を通学させるなどの対応をとった。区が業者に頼んで改めて測定したところ、高さ1メートル付近で一時的に毎時3.35マイクロシーベルトを検出した。精査したデータを13日中にも発表する。

 歩道から半径約500メートルの範囲には区立の小学校、保育園、幼稚園が点在する。小学校では40〜50人の児童がこの道を通って登下校していたが、13日は教職員や区教委職員らが歩道に近づかないよう誘導した。

 区によると、区内の小中学校を今夏測定したところ、放射線量は高くても毎時0.1マイクロシーベルト程度で、この歩道で高い線量が出た理由は分かっていない。文部科学省が屋外活動を制限する目安とした毎時3.8マイクロシーベルトよりは低く、区は「歩道を通っても健康に影響はない」としているが、「原因究明と除染が終わるまで、通学路から外す」という。

 保護者らは戸惑いを隠せない。小学3年生の長男(8)を学校に送った母親(34)は「子どもはこの半年間、この歩道で通学していた。本当に体に影響がないか心配」。別の母親(48)も「福島県からこれだけ離れているのに、なぜ高い放射線量が出るのか。他は大丈夫か、通学路や公園も調べて欲しい」と話した。区にも住民から、「近くを歩いても大丈夫か」といった問い合わせが寄せられているという。

 区は、東京電力福島第一原発事故による放射能汚染以外の可能性も含めて詳しく分析し、除染方法を検討するという。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧