現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事
2011年10月14日22時31分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

原子炉建屋覆うカバー完成 福島第一原発1号機

関連トピックス

写真:カバーが取り付けられた福島第一原発1号機原子炉建屋。爆発でむき出しになった建屋の骨組みは覆い隠された=14日、東京電力提供拡大カバーが取り付けられた福島第一原発1号機原子炉建屋。爆発でむき出しになった建屋の骨組みは覆い隠された=14日、東京電力提供

 爆発で屋根が吹き飛んだ東京電力福島第一原発1号機の原子炉建屋を覆う仮設カバーの外壁設置工事が14日、終了した。損傷した建屋は、放射性物質の飛散を防ぐクリーム色のカバーにすっぽりと覆われた。当初は9月末に完成する予定だった。

 8月から本格的な組み立て作業に入っていた。カバーは縦47メートル、横42メートル、高さ54メートルで、ポリエステル繊維のパネルと天井、放射性物質を吸着するフィルター付き換気装置が取り付けられている。毎時約4万立方メートルの空気を換気して、放射性物質の濃度を10分の1程度に低減できるという。放射能の測定のため、建屋内から漏れ出す放射性物質を採取する作業もより正確にできる見込み。

 組み立て作業を簡素化するため、部材の数をできる限り減らし、日本建築をヒントにねじやボルトを使わない方式を採用した。台風などに伴う強風で風速が設計値を超えても崩れて中の建屋を損傷させず、土台が動いて建屋に寄りかかる構造にしたという。

 カバーの使用期間は約2年を想定。その後、カバーに代わって強固で気密性が高い素材で建屋全体を覆い、損傷燃料を取り出すことを検討している。

 1号機と同じように爆発で屋根が損傷した3、4号機は、来年夏以降、カバーなどの覆いを取り付ける工事を始める予定。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧