現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事
2011年10月15日11時24分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

「従来の考え方はリセットを」 地震学会が反省のシンポ

関連トピックス

写真:日本地震学会の特別シンポジウムで、予測の誤りを率直に語る東北大の松沢暢教授(壇上右)=静岡市の静岡大拡大日本地震学会の特別シンポジウムで、予測の誤りを率直に語る東北大の松沢暢教授(壇上右)=静岡市の静岡大

 日本地震学会は、東日本大震災の想定や被害軽減への貢献が不十分だったという反省から、研究者と社会のかかわりかたを考える特別シンポジウムを15日、静岡市で開いた。参加者は、研究や予測の問題を率直に語り、討論した。

 地震の予知・予測研究に長年批判を続けてきた東京大のロバート・ゲラー教授が特別講演で「現在の地震学の考え方である、大きな地震は周期的に繰り返し、発生前に前兆現象があるという前提は成り立たない」と批判。「従来の地震発生の考え方はリセットするべきだ」と呼びかけた。

 「結果的に、私自身は間違っていた」。東北大の松沢暢教授は自身の発表でこう述べた。宮城県沖ではマグニチュード(M)7級の地震が数十年おきに繰り返すと予測され、防災対策が進んできたが、発生した地震はM9だった。シンポジウムでは、なぜM9が想定できなかったのか、地震学の常識がじゃまをしたことなどを分析した。これまでの考え方を見直し、今後は、今回よりさらに大きいM10の巨大地震の可能性も検討する必要があるとした。

 シンポでは、会員627人から回答があった地震学と社会の関わりについてのアンケートの結果も紹介された。地震学が防災に役立つと思うかという質問では肯定的な回答が9割を超えたが、実際に役立っていると感じるかについては肯定的な評価が7割にとどまり、否定的な回答が約3割、「全く役に立っていない」と思う人も5%いた。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧