現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事
2011年10月21日19時47分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

JR常磐線、再開区間拡大へ 12月に原ノ町―相馬間

 JR東日本は21日、震災のあと運休している常磐線の区間のうち原ノ町(福島県南相馬市)―相馬(同県相馬市)間の20.1キロを12月中に運転再開できる見通しになったと発表した。

 線路や施設の復旧が進み、車両投入のめどもついたという。JR東は「地元自治体も運転再開を強く望んでおり、要望に一日も早く応えたい」と説明している。常磐線は今月10日に久ノ浜(福島県いわき市)―広野(同県広野町)間が運転を再開。現在、広野―亘理(宮城県亘理町)間が運休している。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧