現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事
2011年11月1日1時31分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

スギ花粉への放射性セシウム移行調査 11月から林野庁

関連トピックス

 来春の花粉症シーズンに備え、林野庁は31日、スギの葉から花粉に放射性セシウムが移る割合の調査を11月下旬から始めると発表した。広い範囲に飛ぶ花粉で何らかの体への影響があるのかという問い合わせが相次いで寄せられたため、実態をつかむことにした。

 スギの葉から花粉にどのくらいセシウムが移行するかの研究は、海外も含めてこれまでにないという。

 調査する場所は、東京電力福島第一原発から近い阿武隈山地の杉林など福島県内の約100カ所。関東地方でも調査する予定で、場所を選定中という。花粉ができる時期から始め、来年1月まで調べる。12月に中間結果を公表する。

 文部科学省の調査では、福島県川俣町の計画的避難区域内のスギの葉で最高1キロあたり17万7600ベクレルを測定したとのデータがある。花粉も同じ濃度と仮定して林野庁が試算したところ、関東地方で過去8年間に最も高かった月別の花粉飛散濃度を当てはめても、大人が吸入する放射線量は1時間あたり0.000132マイクロシーベルトと極めて低かったという。

 林野庁の担当者は「放射線医学の専門家からは『一般的に考えて心配ない』と言われているが、調査で安全性を確認したい」と話している。

検索フォーム

おすすめリンク

日清戦争の屈辱を晴らすための念といえる「中国夢」とは?習新体制の対日外交を占う。

「東電さん」の恩恵を受け、「ふくいち感謝デー」にも毎年参加していた生活が一変して…。

禁漁になったら食べていけなくなる。漁協が考えついた苦肉の策は……。

「ゲリラ豪雨」への対策はまだ不十分。幾多の風水害の経験をどう生かしていくか。

人命優先で後回しにされた動物たちの「いのちの記録」は重い教訓を残している。

魚の放射能汚染を調べたいのに、船も検出器も技術もない――海に生きる人々の苦悩を追う。

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧