現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事
2011年11月8日20時58分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

原発ストレステストの審査状況、ウェブで公開 保安院

 経済産業省原子力安全・保安院は8日、定期検査で停止している原発の再起動条件になるストレステスト(耐性評価)の審査状況をウェブサイトで公開し始めた。国と電力会社とのやりとりを載せて審査の透明性を高める狙い。一般からの質問や要望も受け付ける。

 テストは、地震や津波が起きた場合、原発の安全性の余裕がどれくらいあるかを調べる。公開されたサイトには、関西電力大飯原発3号機(福井県)のストレステストの報告書について、保安院が4日に関電に指示した内容を掲載した。指示は、消防ポンプや電源車の燃料を貯蔵する設備の健全性も考慮に入れた安全余裕の分析を求める内容。

 枝野幸男経産相は8日の閣議後会見で「保安院と電力事業者は基本的に文書でやりとりし、すべて公開するように指示している」と話した。

 サイト(http://www.nisa.meti.go.jp/stresstest/stresstest.html)で見ることができる。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧