現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事
2011年11月15日5時0分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

「福島原発の放射性物質、西日本にも」研究チーム解析

関連トピックス

図:セシウム137の土壌中の分布拡大セシウム137の土壌中の分布

 東京電力福島第一原発の事故で大気中に放出された放射性物質が、西日本や北海道にも拡散しているとの解析を日米欧の研究チームがまとめた。15日の米国科学アカデミー紀要電子版に発表する。文部科学省は長野・群馬県境で汚染の広がりはとどまったとの見解を示したが、以西でも「わずかだが沈着している可能性がある」と指摘した。

 米宇宙研究大学連合(USRA)の安成哲平研究員らの研究チームは、大気中の汚染物質の拡散を20キロ四方で計算するシステムを使い、事故後の天候や雨による放射性物質の降下を加味してシミュレーション。文科省によるセシウム137の測定値で補正して、3月20日から4月19日までの沈着量を算出した。

 分布状況は文科省の観測の傾向と一致していたが、岐阜県や中国・四国地方の山間部で、原発由来の放射性物質が沈着している可能性が示された。北海道にも広がりがみられた。

 研究チームは「福島周辺の一部の地域を除き、ただちに人体への影響がある量ではなく、除染が必要なレベルでもない」(安成哲三名古屋大教授)とする。沈着量は、土壌中濃度に換算した値も、汚染米の作付け制限の基準をほとんどの地域で大きく下回っていた。

 ただし、放射能放出が最も多かったとみられる3月19日までは、データがないため解析の対象に含んでおらず、「実際の沈着量は今回の見積もりより多めの可能性が高い」と、詳細な調査が必要だとしている。(吉田晋)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧