現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事
2011年11月18日3時7分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

福島第一、タンクの森 増える汚染水を保管

関連トピックス

【動画】汚染水タンク増設進む福島第一原発

写真:福島第一原発の敷地に並ぶ灰色や青色の汚染水貯蔵タンク。同原発の西方約40キロ、高度約1万3千メートルから撮影した=朝日新聞社機から、堀英治撮影拡大福島第一原発の敷地に並ぶ灰色や青色の汚染水貯蔵タンク。同原発の西方約40キロ、高度約1万3千メートルから撮影した=朝日新聞社機から、堀英治撮影

図:福島第一原発の地図拡大福島第一原発の地図

 東京電力福島第一原発の敷地内で、森林を伐採して放射能汚染水をためるタンクの設置が進められている。17日現在で容量は11万トンを超えた。上空から見ると、青色や灰色のタンクがずらりと並ぶ。汚染水は増える一方で、東電はタンクの増設に追われている。

 原子炉を冷やした水や地下水が建屋地下に流れ込み汚染水としてたまり続けている。東電は汚染水を浄化処理などしてタンクにためている。タンク置き場は、かつては「野鳥の森」と呼ばれた敷地内の森林。東京ドームの8倍もの広さに相当する37万平方メートルを切り開いてつくった。

 タンクの容量の8割にあたる約9万トンにすでに汚染水が入れられた。現時点で1〜4号機の建屋地下に約8万トン残っている。東電はたまった汚染水を浄化処理して減らし、年内にゼロにする計画だった。しかし、地下水などの流入が予想外に多く、実現のめどは立っていない。

 12月にタンクを6万トン分増設するが、原子炉内の燃料を10年は冷やす必要があり、それまで汚染水は出続けることになる。(杉本崇)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧