現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事
2012年2月20日22時23分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

福島第一、事故の傷痕なお深く 収束宣言後、初の公開

関連トピックス

写真:建屋の壁が吹き飛んだ福島第一原発4号機では、作業する人の姿が見られた。中央の黄色い部分は原子炉格納容器の上部=20日午後、福島県大熊町、代表撮影拡大建屋の壁が吹き飛んだ福島第一原発4号機では、作業する人の姿が見られた。中央の黄色い部分は原子炉格納容器の上部=20日午後、福島県大熊町、代表撮影

 東京電力は20日、福島第一原発を報道陣に公開した。昨年12月の事故収束宣言後の公開は初めて。4号機原子炉建屋には、燃料取り出しに向けてがれきを撤去する作業員の姿があった。壊れた壁の取り外しも進み、黄色い格納容器のふたも見える。だが、事故の傷痕はいまだに深く残る。(坪谷英紀)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧