現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事
2012年3月29日22時22分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

本紙記者5人、ニコ動で座談会 被災地での長期取材報告

写真:「ニコニコ動画」の番組に出演中の記者。左から、川端俊一・石巻支局長、伊藤智章・宮古支局長、東野真和・大槌駐在、佐々木達也・南相馬支局長、三浦英之・南三陸駐在=仙台市の朝日新聞東北復興取材センター拡大「ニコニコ動画」の番組に出演中の記者。左から、川端俊一・石巻支局長、伊藤智章・宮古支局長、東野真和・大槌駐在、佐々木達也・南相馬支局長、三浦英之・南三陸駐在=仙台市の朝日新聞東北復興取材センター

 東日本大震災の被災地で長期取材をしてきた朝日新聞記者5人が29日夜、インターネットの動画サイト「ニコニコ動画」の番組「被災地最前線からの報告〜記者たちが探し出した『真実』〜」に出演。震災当日に何が起きたかを追いかけ続けることの意義や、災害の過酷さを伝えることの難しさなどについて語り合った。仙台市の朝日新聞東北復興取材センター内から中継された。

 宮城・石巻支局長の川端俊一記者は「自分の子どもや地域の子たちの遺体と対面した消防団員は『地獄を見た』と語っていた。その地獄をどこまで伝えられたのか、という疑問は常に抱いている」と語った。

 岩手・大槌駐在の東野真和記者は「生き残った人たちの話はこれからも書いていける。でも、死者たちの話は時間ともに消えていってしまう恐れがある。彼らがこの世に生きていた証しを残すのも記者の仕事と思っている」と述べた。

 ほかに岩手から伊藤智章・宮古支局長、宮城から三浦英之・南三陸駐在、福島から佐々木達也・南相馬支局長が出演した。司会はニコニコ動画のニュースサイト「ニコニコニュース」の亀松太郎編集長が務めた。

     ◇

 座談会の内容は後日、朝日新聞デジタルで詳しくお伝えします。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧