現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事
2012年9月1日3時2分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

失業手当切れた人の6割超、就職できず 被災3県

 東日本大震災で大きな被害を受けた岩手、宮城、福島の3県で、沿岸部などに限って延長された失業手当の給付期間が切れた人のうち、6割以上が就職できていないことがわかった。厚生労働省が31日発表した。

 3県とも復興需要で求人は震災前をはるかに上回る水準に回復しているが、求人内容と求職者の希望のミスマッチが解消されていないことが背景にある。

 失業手当は原則、退職時の年齢や雇用保険の加入期間などによって90〜330日の給付期間が決まるが、現在は2008年秋のリーマン・ショック後の雇用対策で原則60日延長されている。震災による離職については昨年5月に60日間延長され、さらに3県の沿岸部などでは昨年10月から90日延びた。

購読されている方は、続きをご覧いただけます

検索フォーム

おすすめリンク

加トちゃんしかり。なぜ今、若い女性は父親ほど年の離れた男性と結婚したいのか?

日清戦争の屈辱を晴らすための念といえる「中国夢」とは?習新体制の対日外交を占う。

「ゲリラ豪雨」への対策はまだ不十分。幾多の風水害の経験をどう生かしていくか。

人命優先で後回しにされた動物たちの「いのちの記録」は重い教訓を残している。

再稼動をめぐる賛否両論、原発に向き合い事故対策に苦慮する立地・周辺自治体の現実を報告。

東日本大震災の教訓を生かしたワークショップ「むすび塾」での取り組みを紹介。

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧