現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 東日本大震災
  3. 記事
2012年9月17日9時3分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

公開できなかった1枚 迫真の津波写真、独で展示へ

関連トピックス

写真:避難しながら津波が押し寄せる瞬間を撮った=2011年3月11日、岩手県陸前高田市、西條嘉吉さん提供拡大避難しながら津波が押し寄せる瞬間を撮った=2011年3月11日、岩手県陸前高田市、西條嘉吉さん提供

 東日本大震災で被災した岩手県の男性が撮影した津波の写真が、18日からドイツで開かれる世界最大の写真見本市「フォトキナ」で展示されることになった。

 押し寄せる津波とほぼ同じ高さから撮られた写真。波に破壊される家や、後部が浮き上がった車が写り、津波の破壊力だけでなく、スピードまで伝える。陸前高田市広田町で、元市職員の西條嘉吉さん(68)が撮影した。

 西條さんは、地震後、波が引く様子を記録しようと漁港に向かった。押し寄せる津波から逃げる途中、後ずさりしながら撮った。「もう少し逃げるのが遅ければ、私もあの中だったかもしれません」

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

PR情報
検索フォーム

おすすめ

日清戦争の屈辱を晴らすための念といえる「中国夢」とは?習新体制の対日外交を占う。

「東電さん」の恩恵を受け、「ふくいち感謝デー」にも毎年参加していた生活が一変して…。

禁漁になったら食べていけなくなる。漁協が考えついた苦肉の策は……。

「ゲリラ豪雨」への対策はまだ不十分。幾多の風水害の経験をどう生かしていくか。

人命優先で後回しにされた動物たちの「いのちの記録」は重い教訓を残している。

魚の放射能汚染を調べたいのに、船も検出器も技術もない――海に生きる人々の苦悩を追う。

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧