現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 東日本大震災
  3. 記事
2012年10月11日8時12分
このエントリーをはてなブックマークに追加

警戒区域の試験田で稲刈り 福島・大熊「再生の一助に」

関連トピックス

写真:防護服を着て、実証試験田の稲を手で刈る町職員ら=10日午前、福島県大熊町、遠藤啓生撮影拡大防護服を着て、実証試験田の稲を手で刈る町職員ら=10日午前、福島県大熊町、遠藤啓生撮影

写真:防護服を着て、鎌で実証試験田の稲を刈る男性=10日午前、福島県大熊町、遠藤啓生撮影拡大防護服を着て、鎌で実証試験田の稲を刈る男性=10日午前、福島県大熊町、遠藤啓生撮影

 【石毛良明】東京電力福島第一原発事故で警戒区域に指定されている福島県大熊町の試験田で10日、栽培された稲の刈り取りがあった。汚染度合いが高い田んぼで稲がどのくらい放射性セシウムを吸収するかを確かめ、将来の再生に役立てるのが目的だ。

 試験田は大熊町役場のそばで、第一原発から約6キロ。白い防護服を着た町職員らが鎌で稲を刈り、束ねた。2週間ほど乾燥させ、玄米で放射線量を測る。

 町は今年6月、4メートル四方の2区画にコシヒカリを植えた。一つは表土5センチをはぎ取って除染し、もう一つはそのまま。地上1メートルの線量は、除染した田が毎時5.2マイクロシーベルト、除染していない田が同7.6マイクロシーベルトだった。田を管理している町職員松本清之さん(35)は「何年後、何十年後になるか想像もつかないが、大熊に戻って農業を続けたいという町民の手助けになれば」と話す。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

PR情報
検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧