現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 東日本大震災
  3. 記事
2013年1月8日7時43分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

手抜き除染、国も確認 再発防止へ適正化本部

関連トピックス

【動画】福島県楢葉町の山間部では、放射線量が高い枝葉がまだ散乱していた=7日、青木美希撮影

写真:住宅で拭き取りをする作業員たち。手前の黒い袋には草木などが入っている=7日午前9時、福島県楢葉町、青木美希撮影拡大住宅で拭き取りをする作業員たち。手前の黒い袋には草木などが入っている=7日午前9時、福島県楢葉町、青木美希撮影

写真:落ち葉や枝を集めて袋に入れていく作業員たち=7日午前9時43分、福島県楢葉町、青木撮影拡大落ち葉や枝を集めて袋に入れていく作業員たち=7日午前9時43分、福島県楢葉町、青木撮影

 【森治文、木村俊介】東京電力福島第一原発周辺で「手抜き除染」が横行している問題で、環境省は7日、受注したゼネコンの聴取を始めた。洗浄に使った水が回収されていない事例を2件確認し、手抜きがあったことを認めた。

【特別報道部から】除染の実態や労働状況について情報を求めます

 除染の現地本部である環境省福島環境再生事務所は7日、元請けのゼネコン4社の現場責任者から事情を聴いた。同事務所の大村卓所長は同日夜に記者会見し、前田建設工業などの共同企業体(JV)が受注する福島県楢葉町と、大成建設などのJVが受注する飯舘村で昨年12月、洗浄に使った水を回収していなかった事例がそれぞれ1件あったことを発表。その他は「調査中」とした。

 大村所長はゼネコン側からおわびがあったとしたうえで「事務所の責任もある。監督指導をしっかりやっていく」と述べた。

PR情報
検索フォーム

おすすめ

「もんじゅ君」がやさしくわかりやすく語る「原発と放射能」。日本一わかりやすい原発と放射能の本

3・11後の新しい社会をどう創るか。自然エネルギーについてもっと知ろう!

核と原発について、子どもや保護者にわかりやすく描かれた漫画

福島はどのようにして「原子力ムラ」となったか――。福島生まれの著者が「地方」と「日本の近代化」の関係から追及

加トちゃんしかり。なぜ今、若い女性は父親ほど年の離れた男性と結婚したいのか?

マンガ家・水木しげるが迫力ある筆致で表現した福島原発。32年前のイラストを単行本化

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧