現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 東日本大震災
  3. 記事
2013年1月9日20時50分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

復興庁、幹部を福島県に常駐させ機能強化へ 安倍首相

 安倍晋三首相は9日、東日本大震災の復興施策の司令塔となる復興庁について「トップに近い人たちの多くが福島にいて判断するように変える」と述べ、同庁幹部を福島県に常駐させて機能強化をはかる考えを示した。東京都内での会合で語った。

 首相は「(被災地側が)東京に来なければ物事が解決しない状況から、現場にいる人が判断できるようにする」と説明。復興庁は統括官や参事官クラスの常駐を想定している。

 根本匠復興相も同日、視察先の福島県郡山市内で「(強化策の)具体的な中身を月内に整えたい。その一環として除染作業にも取り組む」と説明。同市の原正夫市長との会談では「子どもの問題も文部科学省、厚生労働省(の施策)をパッケージで進めることが大事だ」と語り、復興庁が司令塔となる考えを示した。

PR情報
検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧