現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. ビンラディン容疑者殺害
  5. 記事

アルカイダが死亡認める声明 米国への報復を宣言

2011年5月6日22時34分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 国際テロ組織アルカイダ司令部を名乗り、指導者オサマ・ビンラディン容疑者の死亡を認める声明が、インターネットのイスラム過激派系サイトに6日、掲示された。

 声明は3日付で「聖戦士ビンラディン師の血を無駄にはしない。間もなく、米国人たちの喜びは悲しみに変わる」として、米国への報復を宣言。「遺体を損壊せず家族に引き渡せ」としており、米国が水葬にしたことを発表する前に書かれた可能性がある。

 イエメンを拠点とするアルカイダ系組織「アラビア半島のアルカイダ」(AQAP)のメンバーも2日、「パキスタンの仲間から、ビンラディン師の死を確認した。破局的だ」とAFP通信などに語っていた。(カイロ=貫洞欣寛)

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧