メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ビル&メリンダ・ゲイツと考える|未来をつくろう

ビル&メリンダ・ゲイツと考える|未来をつくろう

 2030年と聞いて、どんな未来を想像するだろうか。その頃、世界の人口は85億人にまで膨らむと予測されている。貧富や教育の格差、感染症の拡大、男女の不平等。様々な課題が立ちはだかる。

 昨年9月の国連サミットで、2030年までにあらゆる貧困を根絶することを掲げた「持続可能な開発目標」(SDGs)が採択された。すべての人が尊厳と平等、健康の下に生きることを目指す。

 エイズやマラリアといった感染症の根絶、初等中等教育の普及、ジェンダー平等の達成など、多岐にわたる目標の達成は容易ではない。国連に加わる各国の政府だけでなく、民間の力も期待されている。日本の私たち一人ひとりも意識改革や行動を求められている。[続きを読む]

私たちにできること

プロフィール

ビル・ゲイツ氏 ビル・ゲイツ氏のサイン

ビル・ゲイツ(William Henry "Bill" Gates III)

ビル&メリンダ・ゲイツ財団共同議長、マイクロソフト創業者

 1975年、ハーバード大学を3年生で中退し、幼友達のポール・アレン氏と共にマイクロソフト社を創立。チーフソフトウェアアーキテクト兼会長として、同社を世界トップ企業に成長させた。2014年2月、会長を退き、現在はテクニカルアドバイザー。

 1994年、グローバルヘルスに焦点を当てたウィリアム・H・ゲイツ財団を設立し、フィランソロピストとして活動を開始。2000年にゲイツ・ラーニング財団と統合し、ビル&メリンダ・ゲイツ財団が発足した。妻メリンダ氏と共に、人間はみな平等な機会が与えられるべきだという理念のもと、世界で最も恵まれない人々のために、助成先団体やその他のパートナー団体と協力しながら共に活動している。

[1]ビル&メリンダ・ゲイツ財団

 マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が、妻のメリンダ氏とともに2000年に設立した世界最大規模の慈善団体。アジアやアフリカなどの途上国が抱えるマラリアやポリオなど感染症の対策や貧困撲滅といった分野で、様々な形の支援活動を行っている。基本財産は約413億ドル(約5兆800億円)。

対話イベント「ビル・ゲイツと語る日本、未来」(2015年12月16日)

対話イベント ビル・ゲイツと語る日本、未来
(2015年12月16日 / 1時間34分)

写真

ゲイツ氏対話イベント 社会貢献について意見を交換(12/16)

 来日した米マイクロソフト創業者で社会貢献活動家のビル・ゲイツ氏が朝日新聞東京本社を訪問した。本社主催の対話イベントでは、学生ら約500人の参加者を前に楽天の三木谷浩史会長兼社長らと意見を交わした。[続きを読む]

写真

ゲイツ氏への手紙、返事届く いわきの中学生2人(2/6)

 昨年12月に東京都内で開かれたイベントで米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏に手紙を手渡したいわき市の中学生2人に先月21日、米シアトルのゲイツ氏から返事が届いた。募金や寄付活動に取り組む2人との出会いを「グレイト」とつづっている。[続きを読む]

【動画】2015年12月、ビル・ゲイツ氏が朝日新聞社を訪問(字幕つき)=長島一浩、加藤丈朗撮影

リレートーク

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】操作が楽で疲労も軽減

    今だから知りたいマウス選び

  • 写真

    【&TRAVEL】冬限定、白鳥がいる露天風呂

    連載「原田龍二の温泉番長」

  • 写真

    【&M】アポロの息子vsドラゴの息子

    映画『クリード 炎の宿敵』

  • 写真

    【&w】表参道に期間限定カフェ

    明治ブルガリアヨーグルト

  • 写真

    好書好日お散歩で感じる季節の移ろい

    人気絵本「あめふりさんぽ」

  • 写真

    WEBRONZA南京大虐殺記念館長に聞く

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンサクセスレストラン

    得意先との距離を縮める店

  • 写真

    T JAPAN連載・おやじのおやつ 第1回

    モデル・リヒトさんおすすめ

  • 写真

    GLOBE+米国の寿命を縮める厄介者

    特集「『麻薬』のある世界」

  • 写真

    sippo犬にも肩こりがある!

    愛犬をいやすマッサージ法

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ