現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 2012金環日食
  3. 記事
2012年5月21日12時7分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

あきらめず待って…見えた部分日食 郡山の仮設住宅

関連トピックス

写真:日食を見る仮設住宅の人たち=21日午前8時41分、福島県郡山市富田町、山本裕之撮影拡大日食を見る仮設住宅の人たち=21日午前8時41分、福島県郡山市富田町、山本裕之撮影

 東京電力福島第一原発事故の避難者が多く暮らす福島県郡山市富田町の仮設住宅では、ボランティアが観察会を開いた。約40人が屋外に集まったが、金環日食の時間帯に、太陽は雲の向こうに隠れたまま。大半は落胆の様子でいったん帰宅した。

 ところが午前8時半。雲が薄くなり、左下が欠けた太陽が姿を現した。「見えた! 部分日食です」

 ボランティアの叫び声で空を見上げた阿部みつ子さん(56)は「太陽じゃなくて月みたい。すごい。感動のひと言」と笑った。

 観察会を企画した地元科学館学芸員の安藤享平さん(34)は「みんな地球という故郷で生きている。ふさいだり悩んだりする人の心に変化をもたらせられれば」。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

アンケート・特典情報

朝日新聞デジタル天文部