現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 東京都知事選2012
  3. 記事
2012年12月4日03時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回都知事選の投票用紙渡す 武蔵村山市選管、29人に

 【市川美亜子】16日投開票の東京都知事選で、東京都武蔵村山市は3日、期日前投票に来た有権者29人に誤って前回都知事選(昨年4月)の投票用紙を渡していたと発表した。投票は無効になるという。

 市選管によると、職員が1日夜、市役所内の期日前投票所で配布した用紙に、昨年の投開票日の日付が書かれていることに気づいた。1日と11月30日の期日前投票で、この用紙が使われたという。

 市選管によると、投票用紙は投票日後、次の選挙まで保管することが義務づけられており、前回の投票用紙は段ボール箱に入れて選管のロッカーに保管していた。今回、新たに納入された投票用紙も同じロッカーに入れ、取り違えた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

アンケート・特典情報

朝日新聞官邸クラブ 公式ツイッター