現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 東京都知事選2012
  3. 記事
2012年12月18日0時45分
このエントリーをはてなブックマークに追加

434万票「改革へエール」 猪瀬氏一問一答 東京

写真:インタビューに応じる猪瀬直樹氏=17日午後、東京都江東区、遠藤啓生撮影インタビューに応じる猪瀬直樹氏=17日午後、東京都江東区、遠藤啓生撮影

 知事選に初当選した猪瀬直樹氏(66)は、都政運営で独自カラーをどう出していくのか。朝日新聞のインタビューの一問一答は次の通り。

 ――得票数434万票は都知事選史上最多だった。

 「国の改革が遅れているのに対し、東京からどんどんやってくれという有権者からのエールだと思う。交代が早い国の政権と違い、都知事は4年間安定した総理大臣のようなもの。その期待感がわかるので、僕は4年間しっかりやる。民意を得たので、国との交渉もやりやすくなる」

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

アンケート・特典情報

朝日新聞官邸クラブ 公式ツイッター