現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 東京都知事選2012
  3. 記事
2012年12月19日0時53分
このエントリーをはてなブックマークに追加

猪瀬氏「434万人の民意」 各会派からは苦言も 東京

写真:職員に迎えられて初登庁する猪瀬直樹知事=18日午前、新宿区の都庁、加藤諒撮影職員に迎えられて初登庁する猪瀬直樹知事=18日午前、新宿区の都庁、加藤諒撮影

 知事選で初当選した猪瀬直樹氏が18日、知事に就任した。約434万票と史上最多の得票数を得た新知事は、都議会会派や職員へのあいさつで、自らが得た「民意」を強調した。

 猪瀬氏は午前10時過ぎ、かつて副知事として通った新宿区の都庁舎に到着。玄関前で公用車から降りると、出迎えた職員らに一礼し、受け取った花束を満面の笑みで掲げた。

 当選証書を受け取った後、知事執務室の椅子に座ると、「434万人の民意を得て、今この椅子に座っている。重みが加わって椅子が大変なんじゃないか」。さらに「この椅子に座りながら、新しい発想で都政をスピーディーに変えていく」と語った。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

アンケート・特典情報

朝日新聞官邸クラブ 公式ツイッター