メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月12日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

(康介が斬る)招致を語れない久子さま

写真:ブエノスアイレスに到着した高円宮妃久子さま=矢木隆晴撮影拡大ブエノスアイレスに到着した高円宮妃久子さま=矢木隆晴撮影

写真:会見で意気込みを語る川淵三郎氏=矢木隆晴撮影拡大会見で意気込みを語る川淵三郎氏=矢木隆晴撮影

 【編集委員・稲垣康介】崇高な開催理念を競いあう五輪招致に持ち出すのは不謹慎と思いつつ、わかりやすい指標がブックメーカーのオッズ(倍率)だ。

(康介が斬る)記事一覧特集「東京五輪招致」

 佳境を迎えた2020年五輪の招致レースは、東京が一番人気を保ちつつ、2位マドリードも迫ってきた。東京電力福島第一原発の汚染水漏れの影響と見るのが自然だろう。

 もともと、カリスマ性をもつ招致の「顔」が不在の東京。待ち焦がれていた切り札、高円宮妃久子さまの登場で流れを好転させたいところだが、皇室のブランド力を生かし切れないジレンマを抱える。

 5日午後、私はブエノスアイレスのシェラトンホテル1階にあるカフェにいた。

 Jリーグ初代チェアマンで、日本サッカー協会最高顧問の川淵三郎さんはソファに深く腰かけ、舞台裏を明かしてくれた。この人は、奥歯にモノが挟まった言い方が大嫌いだ。

 「4日にブエノスアイレス入りした久子さまの出席に熱心だったのは猪瀬さん、安倍さん、森さんだよね。なかでも猪瀬さんは、本当に熱心だった」

 猪瀬直樹都知事、安倍晋三首相、森喜朗元首相のことだ。

 久子さまの東京五輪招致へのかかわりは、「なし崩し」という表現が似合う。

続きを読む

最新トップニュース

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

PR情報

検索フォーム

- 中止
2 - 1 終了 鹿 1 - 2 終了 2 - 0 終了
2 - 1 終了 1 - 0 終了 6 - 4 終了
0 - 1 終了 2 - 0 終了 2 - 1 終了

朝日新聞スポーツTwitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】飯テロなら任せろ!

    インスタ映えする料理写真

  • 写真

    【&TRAVEL】年1度の飲み&食い倒れ祭り

    ハワイのフードイベント参戦

  • 写真

    【&M】もちもち生地の食感に衝撃!

    下北沢のおいしいイタリアン

  • 写真

    【&w】東信さんがNYTで選出

    今年を象徴するアーティスト

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム最後の長編小説と思っている

    「今度生まれたら小説家に…」

  • 写真

    WEBRONZA苦悩する連合 どこへ行く?

    歴史から考える「これから」

  • 写真

    アエラスタイルマガジン岸谷五朗、浅草に現る!

    舞台とリンクする浅草の景色

  • 写真

    T JAPANできてしまうカタチを楽しむ

    「しょうぶ学園」のクラフト展

  • 写真

    ハフポスト日本版 2017年に亡くなった方々

    安らかに。

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ