メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

指導者向け助成廃止へ JSC、全柔連の不正受給受け

 日本スポーツ振興センター(JSC)は18日、東京都内で助成審査委員会を開き、全日本柔道連盟で指導者向け助成金の不正受給があったことから、今年度から指導者への助成はやめ、選手だけを対象にすることを決めた。競技団体や日本オリンピック委員会の推薦を受けてJSCが認定したトップアスリートに年240万円が支給される。指導者への助成は文部科学省などと協議してあり方を検討する。

 また、今年度の追加配分で2020年東京五輪招致委員会に2億7500万円を助成することを決めた。すでに4億円を助成しているが、東京電力福島第一原発の汚染水問題への対応などで国際広報を活発にしたとして、追加助成の申請があったという。招致委は招致費用を75億円と公表しているが、最終的な額について鳥田浩平事務次長は「精査中で、確定していない」と話した。

最新トップニュース

PR情報

検索フォーム

- 中止
2 - 1 終了 鹿 1 - 2 終了 2 - 0 終了
2 - 1 終了 1 - 0 終了 6 - 4 終了
0 - 1 終了 2 - 0 終了 2 - 1 終了

朝日新聞スポーツTwitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ