asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
  高校野球    
 home > ニュース特集  
【中東和平】
 
「元の土地に帰還希望」は1割前後 パレスチナ世論調査

 48年のイスラエル建国で住んでいた土地から脱出したパレスチナ難民のうち、現在はイスラエル領となっている自分の土地に帰りたいと考える人は1割前後にとどまる−−パレスチナのシンクタンク「パレスチナ政策研究センター」が13日公表した世論調査で、イスラエル国内への帰還よりもパレスチナ独立国家への帰還を望む難民の実態が明らかになった。

 イスラエルは、国内に難民が帰還すれば「ユダヤ国家としてのイスラエルの特性が失われる」として、和平交渉の前提として帰還権の放棄をパレスチナ自治政府に迫ってきた。イスラエルと自治政府が鋭く対立してきた帰還権問題で、当事者の難民が厳密な意味での帰還にこだわっていないことを示した初の調査とみられる。

 この調査結果はイスラエルに政治的に利用されかねないとして、同センターにはパレスチナ人の抗議が殺到。センターが13日記者会見を開いたヨルダン川西岸ラマラの会場周辺にはパレスチナ人が集まり、抗議のビラをまくなどして会見を妨害し、警察が出動する騒ぎになった。

 イスラエル建国時に難民となったパレスチナ人は約70万人。国連によると、現在は約397万人がパレスチナと周辺国に住んでいる。調査は今年1月から6月にかけて、レバノン、ヨルダン、パレスチナ自治区に住む4500世帯の難民を対象に行われた。

 難民の42%を占めるヨルダン居住者(総数168万人)のうち、イスラエル国内への帰還を希望するのは5.2%。37%がパレスチナ国家への帰還を希望、33%がヨルダンに住み続け、経済補償を受ける道を望んでいる。一方、38%を占める自治区内の難民(同151万人)は、12.6%がイスラエルへの帰還を、74.4%がパレスチナ国家に住むことを希望した。 (07/14 22:11)


 関連情報  


 これまでの記事一覧







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission