asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
  高校野球    
 home > ニュース特集  
【中東和平】
 
イスラエル首相、米大統領に分離壁建設続行を表明

ヨルダン川西岸の都市トルカレムで、イスラエル政府が自爆テロ防止を目的に建設中の分離壁
ヨルダン川西岸の都市トルカレムで、イスラエル政府が自爆テロ防止を目的に建設中の分離壁。全長245キロの壁が、ユダヤ人入植地(手前)とパレスチナ人居住地を隔てている=AP

ブッシュ・米大統領とシャロン・イスラエル首相=AP
記者会見後、握手するブッシュ・米大統領とシャロン・イスラエル首相=AP

 訪米中のシャロン・イスラエル首相は29日、ブッシュ米大統領との共同記者会見で、イスラエルがテロリスト侵入阻止のためとしてヨルダン川西岸地区に建設中の分離壁について、「パレスチナ人への影響を最小限にしながら建設を続行する」と述べた。米政府は和平に逆行するとして建設停止を求めているが、米政府の要請には応じない姿勢を示した内容だ。

 ブッシュ大統領は分離壁問題を「微妙な問題だ」として継続協議する考えを示した。その上で、「イスラエルの安全保障だけでなく、パレスチナ人が通常の生活を送ることができることも同様に重要だ」と述べた。

 シャロン首相は、テロ支援問題でシリアとイランを名指しし、「邪悪な行為を続けることはできない。テロや邪悪な行為に妥協することはありえない」と非難した。ブッシュ大統領は、名指しは避けたものの、アラブ諸国に対して「過激主義と暴力の文化を拒絶するよう求める」と述べ、パレスチナ過激派ハマスなどへの外国からの支援を認めない姿勢を改めて強調した。また、パレスチナ自治政府に対し、テロ組織と対決し、解体を求めるよう要請。テロ対策でアッバス首相を支援する方針を示した。

(07/30 10:25)


 関連情報  


 これまでの記事一覧

  • イスラエル首相、米大統領に分離壁建設続行を表明(07/30 10:25)
  • ゴラン高原PKO派遣、半年間延長決める 政府(07/29 10:54)
  • アッバス首相と米大統領会談 合同委設立を発表(07/26 10:04)
  • イスラエル、パレスチナ人政治犯250人釈放(07/25 22:44)
  • パレスチナ過激派、当面釈放せず イスラエル閣僚委(07/24 01:10)
  • イラン新型ミサイル 「勢力図変える」イスラエル懸念(07/22 13:58)
  • 「テロ支援」とシリア、イランを名指しで非難 米大統領(07/22 10:20)
  • イスラエル・パレスチナ首脳会談、政治犯問題進展なし(07/21 01:41)
  • 和平交渉でかやの外 アラファト議長、いらだち募らせる(07/15 22:11)
  • 「元の土地に帰還希望」は1割前後 パレスチナ世論調査(07/14 22:11)
  • 武装解除なら停戦破棄も ハマスなど警告(07/14 12:55)
  • イスラエル中部の民家で自爆テロ、1人死亡(07/08 11:29)
  • イスラエル、釈放対象者を限定 パレスチナ側反発(07/08 00:30)
  • ガザ自治区の「民衆抵抗委」も停戦に参加 パレスチナ(07/06 21:10)
  • パレスチナ治安警察、過激派5人逮捕 住民が抗議行動(07/05 02:53)
  • イスラエル、パレスチナ人政治犯ら10人を釈放(07/04 01:29)
  • イスラエルのシャロン首相、9月訪米へ(07/04 00:23)
  • イスラエル首相に9月訪米要請 米大統領(07/03 10:31)
  • ユダヤ人入植地にロケット弾、4人けが ガザ自治区(07/03 10:29)
  • ベツレヘムの治安権限、自治政府に ガザに続き2カ所目(07/02 22:41)






  • | 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
    GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
    Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission