asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
 
 
 
 home > ニュース特集  

【北朝鮮拉致事件】
 
保存費用のめど立たず 北朝鮮の工作船、東京で展示

一般公開された北朝鮮の工作船
一般公開された北朝鮮の工作船=31日午前10時すぎ、東京・お台場の船の科学館で

 一昨年末、鹿児島県奄美大島沖で銃撃戦の末に沈没した北朝鮮の工作船の「行く末」がはっきりしない。海上保安庁は「事件を風化させないために」と保存策を探るが、数億円の費用をひねり出す妙案はない。工作船を31日から展示している東京・お台場の船の科学館で募金を呼びかけるが、自治体や博物館などから支援がなければ、廃棄される可能性もある。

 沈没した工作船(全長約30メートル、55トン)の引き揚げや保管などに、海保は約60億円の予算を組んだ。事件は殺人未遂容疑などで書類送検された乗員10人が被疑者死亡で不起訴処分となった。法務省は自爆によって工作船の所有権は放棄されたと判断。現在、海上保安協会が保管している。

 韓国では北朝鮮の潜水艇を展示して一般公開していることから、海保も「初めて押収した工作船を公開し、領海侵入事件への理解に役立てたい」と考えた。

 横浜市の横浜海上防災基地や広島県呉市の海上保安大学校など、保存する場所はあるが、問題は資金だ。鉄製の工作船は海底に沈んでいたため腐食が激しく、屋外で長期にわたって展示するのは難しい。しかし専用の展示室建設には数億円の費用が必要だという。

 海保幹部は「国の財政事情を考えると、不審船対策など装備充実に必要な費用を確保するので精いっぱいだ」と語る。

 49年前に米ビキニ環礁の水爆実験で被曝(ひばく)した第五福竜丸は、文部省(当時)が買い上げた後、東京水産大学の練習船になったが、民間業者に払い下げられた上、東京・夢の島に廃棄された。この後、保存を求める声が募金活動につながり、東京都の資金提供もあって展示館ができた。

 海保では、31日からの一般公開で募金を呼びかけ、保存に対する市民の関心の高さを測るとともに、引き取り先を求めて自治体や博物館に働きかける。だが、「万策尽きれば廃棄しかない」と悩みは深い。

(05/31 12:14)


 関連情報  


 これまでの記事一覧

  • 保存費用のめど立たず 北朝鮮の工作船、東京で展示(05/31 12:14)
  • 「もう静かに」と曽我さんが談話 家族の住所報道で(05/30 21:36)
  • 失跡者61人を新たに公表 拉致「救う会」の調査会(05/30 20:35)
  • 中国・胡主席に北朝鮮問題で協力求める考え 小泉首相(05/30 10:21)
  • 外務審議官らの更迭求め声明 拉致被害者家族会(05/29 12:50)
  • 中山参与「拉致解決、もっと努力を」 制裁策には懸念も(05/27 02:21)
  • 「期待と評価」米大統領の拉致問題への言及に地村さん(05/24 17:23)
  • 拉致問題、「大統領が公式な形で残したかった」 米高官(05/24 16:32)
  • 北朝鮮脱出の24人が韓国入り、タイや比経由(05/24 03:09)
  • 北朝鮮の拉致、初めて文書に盛り込む G8外相会合文書(05/24 00:26)
  • 「米大統領に拉致問題訴えて」 訪米前に議連が要請書(05/21 19:11)
  • 真野町の高野町長が曽我さんに謝罪 本社住所報道問題(05/19 12:13)
  • 曽我さんの家族住所報じた問題、蓮池さん「残念だ」(05/16 20:16)
  • 家族の住所掲載で、曽我さん本社に抗議 不適切と謝罪へ(05/15 08:51)
  • 曽我さん本社に抗議 支援室長が会見 「救う会」も抗議(05/14 23:41)
  • 曽我ひとみさんに夫から手紙(再録)(05/14 22:45)
  • 「関係改善に逆作用」北朝鮮紙が小泉首相歴訪を批判(05/12 23:32)
  • 海保「白書」、今年も市販 工作船事件の映像付き(05/12 06:04)






  • | 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
    GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
    Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission