asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
  高校野球    
 home > ニュース特集  

【北朝鮮拉致事件】
 
小泉首相、中国外相と会談 北朝鮮問題で連携確認

 小泉首相は11日、中国の李肇星(リー・チャオシン)外相と首相官邸で会談し、北朝鮮の核開発問題について日中両国が平和的解決を目ざす方針を確認した。首相は「核開発、ミサイル、拉致問題を包括的に解決し、日朝国交正常化する。正常化は、中国はじめ周辺国に有意義だ」との考えを伝え、李外相も「日本の拉致問題の被害者の方々に中国政府としての同情の念を表したい」と述べ、拉致問題解決の重要性に理解を示した。

 これに先立つ日中外相会談では、川口外相が拉致問題について「核開発問題の解決と並んで重要で、日朝国交正常化の大前提。中国側の理解と支持、北朝鮮への働きかけをお願いしたい」と要望。李外相は「日本国内、国民にとってきわめて大きな問題であることを理解している」と応じた。

 小泉首相の靖国神社参拝をきっかけに中断している首脳の相互訪問については、川口外相が中国の温家宝(ウェン・チアパオ)首相の早期訪日を要請。李外相は「日本の指導者による靖国神社参拝により困難がもたらされている」と指摘し、中国側がこれまで相互訪問の条件としてきた「良い雰囲気」作りの上で靖国神社参拝が大きな障害となっていることを強調した。

 ただ、李外相は、首相に対しては「大変重要であり、努力して雰囲気を整えたい」などと述べるにとどめ、靖国神社参拝には言及しなかった。

 李外相は、川口外相に対して、日本国民が中国を短期訪問する場合の査証(ビザ)を9月1日から免除することを明らかにした。査証免除は、観光、商用目的で15日以内の中国滞在が対象となる見通し。

(08/11 20:03)


 関連情報  


 これまでの記事一覧

  • 小泉首相、中国外相と会談 北朝鮮問題で連携確認(08/11 20:03)
  • 6者協議、北朝鮮が26、27日北京開催を了承(08/11 18:06)
  • 「6者協議は核問題、拉致協議は日朝で」福田長官が会見(08/11 12:00)
  • 万景峰号の運航再開求め集会 朝鮮総連(08/09 21:41)
  • 地村夫妻の子どもたちは近隣の男女が世話 手紙に記載(08/08 20:19)
  • 万景峰号、8月下旬に新潟入港か 25日前後の情報(08/08 03:02)
  • 拉致問題の議題化へ全力 6者協議に向け小泉首相(08/06 11:02)
  • 拉致被害者家族の帰国が正常化交渉再開の前提 官房長官(08/05 12:20)
  • 6者協議の前に「妥協拒否」強調、拉致問題で安倍副長官(08/04 00:15)
  • 蓮池さん「利用されて書かされている感じ」 長女の手紙(08/03 11:51)
  • 長女の手紙に「両親は日本で抑留」 地村さん夫妻会見(08/03 11:33)
  • 蓮池さんら5人、NGOの手紙と写真を子供のものと確認(08/02 21:55)
  • 拉致被害者の子どもたちの手紙と写真、NGOが支援室に(08/02 13:21)
  • 「両親日本にいると言うな」 北朝鮮側、NGOに口止め(08/01 23:32)
  • 拉致被害者家族帰国問題 米高官「日本の判断支持」(08/01 16:27)
  • 家族帰国「メッセージない」 北朝鮮面会問題で官房長官(08/01 12:15)
  • 「ヘギョンさんにも会った」 NGO事務局長が会見(08/01 11:10)
  • 「拉致被害者の家族から手紙受け取る」 東京のNGO(08/01 02:58)
  • 北朝鮮、拉致被害者の家族帰国を打診(07/31 16:56)
  • 政府、北朝鮮からの打診示唆 人道問題として先行解決も(07/31 12:28)






  • | 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
    GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
    Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission