asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集  

【北朝鮮拉致事件】
 
脱北者支援の日本人活動家ら3人、中国が1カ月以上拘束

 非政府組織「北朝鮮難民救援基金」は13日記者会見し、同基金の国際問題担当で埼玉県在住の野口孝行さん(32)が、北朝鮮から中国国内に脱出した住民(脱北者)2人とともに1カ月以上、中国の公安当局に拘束されていると発表した。脱北者支援の日本人活動家が拘束されるのは3件目。これまでは3週間以内に釈放または国外退去とされてきた。日本の外務省が中国当局に釈放を求め交渉している。

 同基金の加藤博事務局長によると、脱北者は東海地方出身の40代女性と西日本出身の50代男性。2人とも60年代に「帰還事業」で北朝鮮に渡った元在日朝鮮人で、北朝鮮では近所同士だったという。

 同基金は昨年12月2日に女性の親族の依頼を受けて野口さんを派遣、同6日に大連で2人や通訳の中国人女性と落ち合った。中国を縦断し東南アジアに出国する予定だったが、10日午前、中国南部の桂林からの電話を最後に、連絡が途絶えた。

 外務省からは16日、「他人を不法に越境させた罪で野口さんを13日拘束し、南寧市の看守所に留置した、と公安当局から連絡があった」と報告があった。広州の日本総領事館が18日に野口さんと面接し、拘束を確認した。

 脱北者支援の日本人活動家が中国で拘束されたのは、02年10月に大連で拘束された同基金の加藤博事務局長、03年8月に上海で拘束された「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」の山田文明代表の例がある。それぞれ1週間、3週間で日本に送還されている。

 同基金は、野口さんら、脱北者支援活動中に中国に拘束された日韓の活動家の早期釈放と、拘束された脱北者を北朝鮮に送還しないことを、中国政府に求めている。

 中国大使館(東京)の黄星原・報道参事官は野口さんが拘束されていることを認め、「外国人は中国では国内法を守り、犯罪行為をしないでほしい」と語った。 (01/13 19:13)


 関連情報  


 これまでの記事一覧







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission