asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集  

【北朝鮮拉致事件】
 
北朝鮮、拉致問題協議に応じず 外務省職員が帰国

 拘束中の邦人と面会するため北朝鮮を訪問していた外務省北東アジア課の首席事務官が17日に帰国した。首席事務官は拉致問題での政府間協議に応じるよう申し入れたが、北朝鮮側は「部内でしかるべく報告する」との返事にとどまった。また、北朝鮮側は「約束通り、一時帰国した5人を平壌にかえすべきだ」との従来の主張を繰り返し、被害者家族の帰国についての言及はなかった。

 日本外務省の説明によると、平壌を訪問した首席事務官と北京大使館員ら4人に応対したのは、北朝鮮外務省の日本担当者2人。日本側が政府間協議の開催と、そのための話し合いを平壌滞在中にすることを提案したが、北朝鮮側は「そうした話し合いは今回の訪朝の目的外だ」として応じなかったという。

 外務省幹部によると、北朝鮮側は「今回は(拘束された日本人との)面会に来たはずなのに、日本では別の目的で来たかのように報道されている」などとも発言したという。

 今回の平壌訪問について、外務省は「一昨年の被害者帰国以来、初めて平壌で両政府が直接に接触したことは意義があった」(北東アジア課)とするが、北朝鮮側が新たな姿勢を示さなかったため、「言いたいことはきっちり伝えたので、あとは相手の出方を見守る」(外務省幹部)という方針だ。

 北朝鮮は今月になって、麻薬密輸容疑で昨秋から拘束されている日本人男性の面会を認めると日本政府に通知。これを受けて首席事務官ら4人が男性の身元確認などのために13日から平壌を訪問していた。この男性のほか、亡命申請をして平壌に滞在している日本人女性とも面会し、北朝鮮当局者から説明も受けたという。 (01/18 01:18)


 関連情報  


 これまでの記事一覧

  • 北朝鮮、拉致問題協議に応じず 外務省職員が帰国(01/18 01:18)
  • 平壌出迎え案「論評に値せず」 拉致被害者家族会が総会(01/17 21:25)
  • 訪朝の外務省職員4人、北京へ戻る(01/17 12:15)
  • 拉致問題、日本の政府間協議呼びかけに北朝鮮側反応鈍く(01/17 03:07)
  • 訪朝の外務省職員、日本人2人と面会 川口外相が明かす(01/16 11:48)
  • 平沢議員に自重求める 北京会談めぐる発言で拉致家族会(01/15 19:57)
  • 「拉致解決の意思感じられた」 米訪朝団が日本側に説明(01/15 06:01)
  • 「3月20日までにかえしたい」北朝鮮側、平沢氏らに(01/15 06:01)
  • 脱北者支援の日本人活動家ら3人、中国が1カ月以上拘束(01/13 19:13)
  • よど号メンバーの妻、魚本民子容疑者が2月に帰国の方針(01/12 00:46)
  • 死亡・不明の10人「調査再開する用意も」 北朝鮮高官(01/11 17:04)
  • 北朝鮮から名指しの中山参与が反論 「言うはずがない」(01/11 09:57)
  • 拉致議連への「出迎え」提案で波紋 政府、依然慎重姿勢(01/11 09:55)
  • 「平壌まで家族を迎えに来て」 北朝鮮側、平沢議員らに(01/11 06:46)
  • 蓮池さん釈明「報道は真意伝えず」 平壌行き検討発言で(01/10 02:26)
  • 日本の謝罪「好ましくない」 拉致問題で横田代表が意見(01/07 21:53)
  • 北朝鮮、拉致議連の平沼会長・中川前会長を交渉に招請(01/07 20:15)
  • 「確実に帰すなら出迎えに行ってもよい」地村保さん見解(01/06 20:26)
  • 北朝鮮側「拉致被害5人の送還」求める 国民協会に書簡(12/28 06:18)






  • | 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
    GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
    Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission