asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集  

【北朝鮮拉致事件】
 
日朝政府間交渉始まる 政府、ヘギョンさん訪日要求へ

 拉致問題を中心とした北朝鮮との政府間交渉のため平壌を訪問している外務省の田中均外務審議官と薮中三十二アジア大洋州局長は12日午前、北朝鮮外務省当局者との本格協議に入った。川口外相は同日、今回の交渉で日本政府として(1)拉致被害者5人の家族の帰国(2)北朝鮮が「死亡した」とか「入国していない」などと説明した10人についての真相解明――の2点を要求し、さらに横田めぐみさんの娘のキム・ヘギョンさん(16)の訪日実現や核開発問題も取り上げる方針を明らかにした。

 外務省筋によると、田中氏らとの交渉相手は、昨年8月の核問題をめぐる6者協議で北朝鮮の政府代表を務めた金永日(キム・ヨンイル)外務次官とされる。田中氏ら一行は平壌に到着後の11日夜、金次官が主催する夕食会に出席。この場では双方は原則的な立場を述べ合ったという。

 福田官房長官は12日午前の記者会見で「正式な政府間交渉という位置づけだ」と述べた。政府間交渉は02年10月、クアラルンプールで行われた日朝国交正常化交渉以来。昨年8月の6者協議の際も日朝間の接触はあったが、短時間に終わった。

 川口外相は12日朝、外務省で記者団の質問に答え、「政府間で話をするということをずっと働きかけてきた。一つの前向きの動きだ」と語った。キム・ヘギョンさんについても「日本に来ていただくことが大事。そういう方向で話をしたい」と述べた。

 自民党の安倍晋三幹事長は「7、8両日、拉致被害者に面会して聞いた気持ちは薮中局長に伝えた」と記者団に語った。北朝鮮が打診してきた被害者が平壌まで家族を迎えに行く「出迎え案」については、「交渉中だが私としては無条件(の帰国)を強く主張してもらいたい」と語った。中山恭子内閣官房参与も記者会見で「(家族の)帰国がまずはっきりしなければならない。迎えに行くのが条件ではないと考えている」と述べた。

(02/12 16:25)


 関連情報  


 これまでの記事一覧

  • 日朝政府間交渉始まる 政府、ヘギョンさん訪日要求へ(02/12 16:25)
  • 拉致問題、日朝政府間交渉へ 田中審議官らが平壌入り(02/12 03:04)
  • 改正外為法が成立、日本独自の対北朝鮮経済制裁が可能に(02/10 01:28)
  • 安倍自民幹事長が曽我さん、蓮池さん夫妻と相次いで面会(02/08 23:33)
  • 安倍幹事長が地村さん夫妻と面会 家族帰国で努力約束(02/07 19:24)
  • 韓国の拉致被害者と面会、訪日を要請 訪韓の民主党一行(02/05 22:10)
  • 「言うべきこと言う」 拉致家族会と外務省局長らが会食(02/05 19:18)
  • 6者協議での拉致問題提起に慎重姿勢 中国副主席(02/04 20:19)
  • 内閣官房の拉致担当官、1月に極秘訪朝 打開を働きかけ(02/04 03:05)
  • 日本人妻らの脱北・帰国を非難 北朝鮮報道官(02/02 23:50)
  • 国務副長官、拉致家族会と面会 「6者協議近いと確信」(02/02 21:05)
  • 安倍幹事長が拉致被害者5人と面会へ 新潟・福井を訪問(01/31 21:22)
  • 「朝日平壌宣言への違反」 外為法改正案を北朝鮮が非難(01/31 11:39)
  • 「北朝鮮の拉致濃厚」失踪者13人の家族らが告発状提出(01/30 00:30)
  • 外為法改正案、衆院本会議で可決 北朝鮮への圧力狙い(01/29 12:54)
  • 「拉致の疑い濃厚」 北九州・加藤さん不明で告発状提出(01/29 11:42)
  • 対北朝鮮制裁法案、衆院委で可決 29日に衆院通過(01/28 21:29)
  • 「出迎え案」には乗れない 政府への批判に中山参与言明(01/28 19:42)
  • 北朝鮮送金停止への外為法改正案、自・公・民3党で提出(01/28 12:00)
  • 家族帰国提案は「誠意ある努力」 北朝鮮の通信社が論評(01/28 00:25)






  • | 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
    GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
    Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission