asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集  

【北朝鮮拉致事件】
 
ジェンキンスさん来日、米「見解の一致に至りつつある」

 米政府高官は14日、拉致被害者曽我ひとみさんの夫、ジェンキンスさんが病気治療を理由に来日を予定していることについて、日米間で「ある種のコンセンサス(見解の一致)に至りつつある」と述べ、人道的な配慮から、身柄の引き渡しを当面求めない方向で調整していることを認めた。そのうえで「米政府としては、彼に対して持っている権利を主張し続けることが重要だ」と述べ、訴追免除や恩赦などの措置には応じられないとの姿勢を改めて示した。

 ジェンキンスさんは在韓米軍に配属されていた65年に北朝鮮側に渡った脱走の容疑などがかけられている。米国防総省当局者は、米国との犯罪人引き渡し条約を持つ日本に同氏が入国することについて14日、「米政府の立場は変わらない。米国が法的に引き渡しを要求できる状況になれば要求するつもりだ」と述べ、公式には引き渡しを求める姿勢を崩していない。

 米政府高官は「日本側からの説明で病状が深刻で緊急の治療を要すると承知している」と述べ、「引き渡しをすぐに要求するかどうかは病状や今後の状況次第だ」と語った。さらに「法律的、人道的な問題や日米関係も考慮する。日米間の重大な問題にはならないだろう」とも語った。脱走という重大な容疑に対する米政府の原則は堅持したうえで、両国が柔軟に対応することで「対処方法」を見いだせるとの楽観的な認識を示したものだ。

 米政府高官は日本側との協議については「様々なレベル、チャンネルで進めている」と述べたが、一方で「日本側から具体的な要請はなく、公式にも非公式にも何らかの合意に達したわけではない」と述べ、日本側から恩赦や訴追免除などの要請はないと説明している。

(07/15 16:08)


 関連情報  


 PR情報

 これまでの記事一覧

  • ジェンキンスさん来日、米「見解の一致に至りつつある」(07/15 16:08)
  • ジェンキンスさん来日、18日にも 北朝鮮側と調整(07/15 12:39)
  • 万景峰号、新潟西港を出港 PSCで重大な欠陥なし(07/15 10:17)
  • ジェンキンスさん、入院中は訴追せず 日米政府基本合意(07/15 03:04)
  • ジェンキンスさん、内臓部位に病変 手術跡に後遺症も(07/14 21:02)
  • ジェンキンスさん来日「米と調整ないと大変」 官房長官(07/14 12:33)
  • 万景峰号が新潟西港に入港 運輸局がPSC実施(07/14 12:27)
  • 「ジェンキンスさんは訴追対象」 米報道官、改めて強調(07/14 10:02)
  • ジェンキンスさん、来週にも来日で調整 治療目的で(07/14 09:53)
  • 曽我さんの家族同行の北朝鮮随行員、外務省研究員ら(07/13 13:56)
  • ジェンキンスさん日本好きだが、訴追も心配と政府関係者(07/13 13:41)
  • 小泉首相の訪韓を細田官房長官が発表(07/13 12:01)
  • ジェンキンス氏、親類に電話で「ビッグサプライズ!」(07/12 19:46)
  • 中山参与、曽我さん一家の様子を首相に報告(07/12 18:57)
  • 「一緒にいたい」 曽我さん一家、大使公邸の食事会出席(07/12 02:03)
  • 曽我さん一家の今後「家族の問題」 北朝鮮同行員が語る(07/10 22:50)
  • 曽我さん夫妻、深夜まで語り合う 中山参与が様子を語る(07/10 19:36)
  • 曽我さん再会、欧米メディアも関心 3大ネットなど報道(07/10 14:39)
  • 家族再会は「感動的」、訴追方針は変わらず 米国務省(07/10 09:57)
  • 地村さん「一家だんらんのひと時を」 曽我さん家族再会(07/09 22:18)






  • | 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
    GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
    Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission