asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集  

【北朝鮮拉致事件】
 
北朝鮮次第で「厳しい対応」 政府、制裁の可能性に言及

 北朝鮮側が提供した物証などの精査結果を受け、政府は24日、北朝鮮側から速やかに誠意ある回答がない場合には「厳しい対応をとらざるをえない」との方針を表明。経済制裁には慎重な方針は維持しつつも、北朝鮮の対応次第では、制裁が選択肢の一つとなりうるとの姿勢を示した。北朝鮮側の反発も予想され、拉致問題をめぐる日朝協議は大きな岐路を迎えている。

 細田官房長官は24日の記者会見で今後の方針について(1)北朝鮮に対して「再調査の結果は極めて誠意を欠く」と強く抗議する(2)拉致被害者の真相究明を一刻も早く行い、生存者をただちに帰国させることを要求する(3)迅速かつ誠意ある回答がない場合、政府として厳しい対応をとらざるをえない(4)核問題解決のため、6者協議の早期再開を求める――を示した。回答期限は特に設けていない。

 「厳しい対応」の具体的な内容は示していないが、町村外相は同日、「選択肢として当然、経済制裁も含まれるということだが、別に経済制裁ありきで考えているわけではない」と記者団に述べ、対応の一つに経済制裁が含まれるとの考えを示した。

 細田長官によると、▽政府の対処方針▽情報や物証の精査結果と日本政府としての評価▽横田めぐみさんのものとして北朝鮮側が提供した遺骨の鑑定結果――の三つの文書を北京の日本大使館に届け、25日にも北朝鮮大使館に渡す。

 政府は北朝鮮側の反応を見極め、28日に予定している拉致問題専門幹事会などで対応を協議。北朝鮮側が応じるなら、政府の担当者を派遣し、直接協議する考えだ。

 小泉首相は24日夕、首相官邸で記者団の質問に答え、「(北朝鮮が)どういう対応をするか見極めないといけない。対話を止めていいとは思っていないし、多くの方々が制裁を含めて必要だと言っている。対話と圧力の両面から、誠意ある対応をするよう強く求めないといけない」と述べた。回答によっては経済制裁に踏み切るのかという質問に対しては「あらゆる選択肢を残したい」と語るにとどめた。

(12/25 01:25)


 関連情報  


 PR情報

 これまでの記事一覧

  • 北朝鮮次第で「厳しい対応」 政府、制裁の可能性に言及(12/25 01:25)
  • 「8人死亡2人未入国」裏付けは皆無 政府、強く抗議へ(12/25 01:01)
  • 拉致被害者資料、91年ごろ焼却 北朝鮮側が証言(12/24 23:19)
  • 「期限切って交渉を」 拉致被害者家族が会見(12/24 22:58)
  • 北朝鮮側に再調査やり直し要求へ 政府(12/24 12:52)
  • 「遺骨返還は横田めぐみさんの夫の要求」と北朝鮮(12/23 18:34)
  • 首相、北朝鮮制裁は「国民の率直な気持ち」 慎重姿勢も(12/22 20:25)
  • 国会議員313人「北朝鮮制裁賛成」 家族会アンケート(12/22 19:27)
  • ニセ遺骨の返還求める 北朝鮮・労働新聞が初言及(12/22 19:19)
  • 拉致物証の精査結果、直接説明し抗議へ 政府方針(12/21 08:06)
  • めぐみさん拉致も漫画化 「漫画アクション」で連載へ(12/21 06:05)
  • 制裁賛成63% 首相の慎重姿勢評価も48% 世論調査(12/21 03:03)
  • 北朝鮮側、別人遺骨の返還を要求(12/19 19:10)
  • 「北朝鮮が遺骨の鑑定結果を要求」討論番組で町村外相(12/19 15:20)
  • 北朝鮮経済制裁、盧大統領は「慎重に」 日韓首脳会談(12/17 21:51)
  • 拉致の疑い強いと親族告発 千葉で失跡の加瀬テル子さん(12/17 20:44)
  • 遺骨鑑定結果「認めぬ」 北朝鮮政府、日本に回答(12/17 02:04)
  • めぐみさん遺骨鑑定に対する抗議に細田長官「根拠示す」(12/16 19:40)
  • めぐみさんら不明10人分の物証精査、24日にも公表(12/16 08:18)
  • 北朝鮮制裁「リスク、国民に説明を」 民主・岡田代表(12/15 13:47)






  • | 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
    GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
    Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission