現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. アート特集
  3. 記事
2012年10月24日0時11分
このエントリーをはてなブックマークに追加

藤田嗣治の遺作、ランス市に寄贈 美術館で常設展示へ

写真:寄贈式で、作品の相続人代表である堀内雄也さん(左)と握手をするアザン・ランス市長=セシル・ドゥバルジュ氏撮影拡大寄贈式で、作品の相続人代表である堀内雄也さん(左)と握手をするアザン・ランス市長=セシル・ドゥバルジュ氏撮影

写真:ランス市に寄贈された「自画像」(1922年)=セシル・ドゥバルジュ氏撮影拡大ランス市に寄贈された「自画像」(1922年)=セシル・ドゥバルジュ氏撮影

写真:ランス市に寄贈された「マンゴー」(左、1932年)と「裸婦」(不明)=セシル・ドゥバルジュ氏撮影拡大ランス市に寄贈された「マンゴー」(左、1932年)と「裸婦」(不明)=セシル・ドゥバルジュ氏撮影

 【ランス(フランス北東部)=稲田信司】20世紀初めのパリで活躍したエコール・ド・パリの日本人画家、藤田嗣治(つぐはる、レオナール・フジタ、1886〜1968)の未公開作品を含む遺作が22日、藤田が妻の君代さんとともに眠る仏ランス市に寄贈された。没後50年にあたる2018年に開館する予定の市立美術館に常設展示室が設けられ、一般公開される。

 寄贈されたのは、09年に亡くなった君代さん所蔵の遺作のうち油絵や水彩画など計二十数点。パリの画壇で著名になり始めたころの「自画像」(1922年)をはじめ、滞在先のブラジルの女性を描いた「マンゴー」(32年)、「礼拝堂」(56年)、「猫」(63年)など。新美術館の開館までに、追加の寄贈も検討されている。

 藤田は生前の日記に「できればミュゼ(美術館)はつくって死にたい。画だけは散らさずに、そこに残したい。画が残せるのは芸術家画家としての誇りだ」と書き残していた。ランス市への寄贈はその遺志を尊重したものだ。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

アンケート・特典情報