現在位置 : asahi.com > ニュース特集 > アスベスト被害 > 記事 ここから本文エリア

大阪・御堂筋沿いの商業ビル工事、アスベスト大量飛散

2006年12月21日22時23分

 大阪市は21日、10月に同市中央区心斎橋筋1丁目の商業ビルで行われた耐震補強工事で、大阪府条例で定めた基準値の31倍のアスベスト(石綿)が大気中に飛散していたと発表した。ビルは御堂筋に面し、大丸心斎橋店南館などが入居している。市は繁華街での発生を重視し、工事を請け負った「竹中工務店」(同市中央区本町)に再発防止を勧告し、業者名を公表した。市は飛散の期間が短い点から、「通行人の健康に与える危険性は低い」とみている。

 市都市環境局によると、問題とされたのは、石綿が吹き付けられたアルミダイキャスト製の外壁パネル計5枚(計約13平方メートル)の除去工事で、耐震補強工事の一環として、10月23日〜26日に行われた。

 市が24日に現場付近の2地点で石綿濃度を測った際、1地点で大気1リットル中のアスベスト繊維が310本を記録し、条例基準値(1リットルあたり10本)を大幅に超えていた。

 現地調査の結果、工事現場を隔離するシートが、長さ約15センチにわたって裂けていた。撤去したパネルの角に当たって破れたとみられる。作業員がエアシャワーで石綿を十分に除去していなかったことも分かった。

 市は25日に改善を指示したが、作業員の除去作業が不十分だったため、26日にも測定3地点中2地点で基準の2〜3倍の数値が記録された。工事終了後の30日には、除去したアスベスト片が現場に落ちていたという。

 竹中工務店広報部は「誠に申し訳なく、再発防止に最善を尽くしたい」と話している。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.