現在位置 : asahi.com > ニュース特集 > アスベスト被害 > 記事 ここから本文エリア

アスベスト禍の薬「アリムタ」、1月にもスピード承認へ

2006年12月22日16時58分

 厚生労働省は、アスベスト(石綿)が原因で引き起こされるがんの一種「悪性胸膜中皮腫」の薬として、ペメトレキセド(商品名アリムタ)を1月上旬にも承認する方針を固めた。26日の専門家会議に報告し、申請から半年余でスピード承認する見込みだ。アスベスト禍を巡っては、被害者に医療費などを給付する石綿新法が今年2月に成立したものの、発症後の確立した治療法や治療薬がなく、アリムタの早期承認が求められていた。

 厚労省は、海外で広く使われている薬が国内で使えない「ドラッグ・ラグ」の改善に向け、平均2年の審査期間の1年への短縮を目指している。アリムタはすでに約80カ国で承認済みのうえ、進行すると治らず、他に有用な治療法もない病気の薬に適用される「優先審査」の対象にもなり、承認がさらに早まった。

 アリムタは今年6月、日本イーライリリー(神戸市)が承認申請。肺がんなどに使う抗がん剤「シスプラチン」と併用する。シスプラチンを悪性胸膜中皮腫に使うことは別のメーカーが申請中で、同時承認の見通し。

 同社によると、海外20カ国計448人が参加した治験で、アリムタとシスプラチンの併用療法は、シスプラチン単独療法に比べ生存期間が約3カ月延びた。副作用の発生は白血球の減少が約20倍、嘔吐(おうと)が約4倍など。国内の治験では、19人のうち7人に腫瘍(しゅよう)が縮小する効果があったという。

 厚労省はアリムタについて、副作用に加え日本人の症例も少ないため、市販開始後、同社が全症例を調査することを条件に承認する見通しだ。

 アリムタは04年2月に米国で承認され、日本の患者団体や学会などが厚労省に承認を要望していた。中皮腫に詳しい名取雄司医師は「完治するわけではないが、延命効果のある薬が承認されるのは喜ばしい。今後はいかに副作用を出さずに使用していくかを考えていかねばならない」と話す。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.