現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース特集
  3. オウム特別手配17年
  4. 記事
2012年8月31日18時25分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

オウム高橋克也容疑者を追起訴 VX事件殺人容疑などで

 1994〜95年にオウム真理教が起こした猛毒の化学剤VXによる殺傷事件で、東京地検は31日、教団元信徒の高橋克也容疑者(54)=地下鉄サリン事件の殺人罪などで起訴=を、殺人と殺人未遂の罪で追起訴した。

 起訴状によると、高橋容疑者はVXを注射器で浴びせるなどして、教団がスパイと疑っていた大阪市淀川区の会社員男性(当時28)を殺害したほか、教団被害者の会の会長を殺害しようとしたとされる。駐車場経営者の男性への殺人未遂容疑については、起訴された二つのVX事件より前の事件で、VXの効能などを理解していたことを示す十分な証拠がないとして、不起訴処分(嫌疑不十分)とされた。

 一方、地検は同日、教団元信徒の菊地直子被告(40)=東京都庁の郵便小包爆発事件で、爆発物取締罰則違反の幇助(ほうじょ)罪などで起訴=について、地下鉄サリン事件とVXによる計3人の殺傷事件への関与を裏付ける十分な証拠がなかったとして、不起訴処分(嫌疑不十分)とした。これで菊地被告への捜査は終結した。

検索フォーム

社会アクセスランキング (14時38分現在)


    朝日新聞購読のご案内
    新聞購読のご案内事業・サービス紹介

    アンケート・特典情報

    朝日新聞社会部 公式ツイッター