asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集 > 球団合併問題  
【球団合併問題】
 
近鉄とオリックス、今季終了後の合併で基本合意

球団合併について記者会見する山口昌紀・近畿日本鉄道社長(右)と小林哲也・近鉄球団社長=13日午後2時すぎ、大阪市天王寺区上本町6丁目で
球団合併について記者会見する山口昌紀・近畿日本鉄道社長(右)と小林哲也・近鉄球団社長=13日午後2時すぎ、大阪市天王寺区上本町6丁目で

近鉄との球団合併が急浮上し、福岡ドームで記者に囲まれるオリックスの伊原監督
近鉄との球団合併が急浮上し、福岡ドームで記者に囲まれるオリックスの伊原監督

大阪ドームで試合前、記者の質問に答える近鉄の梨田監督
大阪ドームで試合前、記者の質問に答える近鉄の梨田監督

 年間40億円を超える赤字を抱え、売却先を模索していたプロ野球パ・リーグ、大阪近鉄バファローズと、同じリーグで神戸市が本拠のオリックス・ブルーウェーブが合併に向けて、協議を重ねていることが明らかになった。両球団は今季終了後の合併で基本合意しており、7月の12球団のオーナー会議などで説明を行う。承認が得られてパが5球団になると、1リーグ制を含めた球界再編へ動きが加速しそうだ。

 近鉄球団の親会社である近畿日本鉄道の山口昌紀社長は13日、大阪市内のホテルで記者会見し、「回収の見込みのない経営資源を投入するのは、会社の性格上無理。球団経営はお互いに苦しく、2チームが合流して巻き返しを図ろう、となった」と説明した。

 合併案は4月後半に浮上し、5月の黄金週間明けにオリックスの宮内義彦オーナー、山口社長が東京で会談し、まとまったという。

 オリックス側は14日午前になって、小泉隆司球団社長が「近鉄さんの発表通り。手順通りにいけばいい、と思っている」と話した。

 近鉄球団は、今年1月末、球団命名権の売却を発表したが、他球団からの強い反発で撤回。5月下旬には本社専務が球団売却の可能性を示していた。

 本拠の球場、愛称などについては今後、両球団で詰めていくが、近鉄側は新球団名に「近鉄」の文字を残すことにはこだわらない方針だ。

 〈球団合併〉 プロ野球界のルールを定める野球協約の第33条で、12球団代表による実行委員会とオーナー会議で4分の3以上の承認が必要と定められている。球団合併は過去に5度あり、セ・パ2リーグ制になった50年以降では4度。57年オフに大映ユニオンズと毎日オリオンズが毎日大映オリオンズ(大毎)となったのが最後。2リーグ分立後しばらく、両リーグとも7球団、8球団で運営した時期があるが、58年からは6球団ずつで固定されてきた。

(06/14 11:12)


 関連情報  


 PR情報

 これまでの記事一覧







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission