asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集 > 球界再編  
【球界再編】
 
「食事、タクシー代は怖いもの」明大・一場投手が謝罪会見

会見する一場靖弘・元明大野球部員。右は別府隆彦・前明治大学野球部総監督
会見する一場靖弘・元明大野球部員。右は別府隆彦・前明治大学野球部総監督=28日、東京・内幸町の日本記者クラブで

 巨人に続き、横浜、阪神でもオーナーら球団首脳の辞任に発展した不正な現金授受問題で、金銭を受け取った元明大野球部の一場靖弘投手(22)=すでに退部=が28日、東京都内で記者会見し、「食事代、タクシー代はとても怖いものだった。野球部、大学など関係者の方々に大変なご迷惑をおかけしました」と謝罪した。

 一場投手は巨人からの200万円のほか、横浜から60万円、阪神からは25万円を「食事代」などの名目で受け取った。「プロ関係者と何回か食事し、封筒に入ったお金を渡された。プロ側の話を聞いているうち、断る言葉を失った」と、現金攻勢に押し切られた胸の内を明かした。

 とはいえ、以前からささやかれていた新人選手獲得のための裏金が存在することを示し、ファンの信頼を裏切った責任は重い。巨人からの授受が明らかになった8月の時点で、すでに横浜、阪神からの授受もあったにもかかわらず、事実を公表しなかった。

 巨人からの200万円は別府隆彦・元明大総監督が不足分を立て替えた。横浜、阪神から受け取った現金はそのまま銀行に預けており、近く全額返却するという。

 「野球を奪われることも覚悟しているが、できれば日本のプロ野球でプレーしたい。ドラフトで指名されなければ、もう一度(進路を)考えたい」と、プロ入り希望は持ち続けている。 (10/29 00:54)


 関連情報  


 PR情報

 これまでの記事一覧

  • 「食事、タクシー代は怖いもの」明大・一場投手が謝罪会見(10/29 00:54)
  • スカパー社長「パ球団持ってもいい」 球団経営に関心(10/28 18:57)
  • 米独立リーグ傘下の新リーグ、日本に設立へ(10/28 11:43)
  • 四国独立リーグのトライアウトを開催 東京は12月11日(10/28 11:39)
  • 「球界変える」 楽天社長、外国特派員協会で熱弁(10/27 20:35)
  • ライブドアか楽天か、小委員会は方向性打ち出せず(10/26 21:14)
  • 新球団名は「仙台ライブドアフェニックス」と発表(10/26 19:19)
  • 楽天の「イーグルス」、ライブドアが類似名出願していた(10/23 07:11)
  • チーム名は「楽天イーグルス」 三木谷社長が発表(10/22 20:31)
  • 横浜も一場投手に現金、砂原オーナー辞任へ(10/22 06:30)
  • プロ野球独立リーグ創設目指す石毛氏、日本高野連を訪問(10/21 23:02)
  • 有線ブロードネットワークスもホークス買収を検討へ(10/21 22:13)
  • ヘッドコーチに山下氏 楽天がコーチ人事発表(10/21 18:36)
  • ダイエー王監督、続投要請を了承(10/19 20:41)
  • 命運握る支援企業 ホークス買収にソフトバンク名乗り(10/19 09:13)
  • 豊富な資金でチーム支援 ダイエー買収名乗りの孫氏会見(10/18 23:50)
  • 堀江、キーナート両氏が意気込み語る 仙台で公開シンポ(10/18 23:13)
  • 楽天とライブドア、成人向けコンテンツへの対応で回答書 (10/18 19:52)
  • 成人向けサイト審査に「違和感」 新規参入で宮城県知事(10/18 18:40)
  • ソフトバンク、ホークス買収に名乗り 本拠地は福岡に(10/18 12:12)






  • | 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
    GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
    Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission