現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース特集
  3. ビリオメディア
  4. 記事
2012年12月15日4時11分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

つぶやき数「自民」最多 17日間 民主など引き離す

図:4政党に関するつぶやき数と主な出来事拡大4政党に関するつぶやき数と主な出来事

 【竹下隆一郎】短文投稿サイト「ツイッター」で、自民党についてのつぶやき数が、他党を引き離している。報道各社が衆院選の序盤情勢を報じた6日以降に急増した。日本未来の党や日本維新の会などの第三極は、結成や公約発表などの際に注目を集めたが、公示後は伸び悩んでいる。

 プラスアルファ・コンサルティング社(東京)の協力を得て、11月27日から12月13日までの間、12政党の名前や主な略称が含まれるほぼすべてのつぶやき計約400万件を抽出し、分析した。

 朝日新聞など全国紙は、12月5日深夜にネット上で衆院選の序盤情勢を伝え、翌6日の朝刊1面で報じた。6日の自民のつぶやきは、民主の1.5倍にあたる約8万7千件に達した。

 この日、「自民」「自由民主党」といった言葉と一緒につぶやかれている単語を調べたところ、「民主党」などの政党名をのぞくと、最も多かったのが「過半数」。つぶやきの約20%にあたる約1万7千件の中に含まれていた。「勢い」も約13%のつぶやきの中にあった。情勢報道がツイッター上で強い関心を集めた様子がうかがえる。

 ただし、個別のつぶやきを見ると、自民の勢いへの警戒感を示したものも多い。その他の政党についての投稿も、賛否双方が含まれており、つぶやき数の多少と支持の強さに直接の関係はない。

 維新は、政権公約を発表した11月29日にトップに出た。当初の公約に最低賃金制の廃止が盛り込まれたことが盛んにつぶやかれていた。その後は漸減傾向となっているが、12月9日には、橋下徹・代表代行がツイッターを使った選挙運動について街頭演説で発言した内容が、ツイッター上で話題になった。

 12月13日までの合計でみると、最も多くつぶやかれたのは自民で、約130万件。民主の約90万件、維新の約74万件が続く。

 未来は、結成発表2日後の11月29日、約5万3千件で民主に近づいた。その後、12月3日にも急増した。ネット上に掲載した原発推進への賛否などを聞くページが、この日話題を呼んだためとみられる。その後は伸び悩み、合計は4番目の約51万件だった。

 6日以降は、自民のつぶやき数が独走状態となり、民主、維新、未来がそれに続く構図が続いている。

    ◇

 9日配信の「自民に関するつぶやき急増 『優勢』報道後、維新抜く」の記事とグラフで、自民党と日本未来の党についてのデータに誤りがありました。集計を担当した会社において、一部データに反映もれがありました。見出しにある自民についてのつぶやき数は、情勢報道前の3日以降、維新を上回っていました。訂正します。13日までの新しいデータを反映させた記事とグラフを掲載します。9日配信の記事とグラフは削除します。

PR情報
検索フォーム

ビリオメディア 最新記事


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

アンケート・特典情報