現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース特集
  3. ビリオメディア
  4. 記事
2013年1月2日22時32分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

中国からのつぶやき、まず互いを知ること

図:中国人留学生たちが忘年会を呼びかけた中国版ツイッター「微博」の画面=東京都港区、関口聡撮影拡大中国人留学生たちが忘年会を呼びかけた中国版ツイッター「微博」の画面=東京都港区、関口聡撮影

図:守真弓記者のツイッターアカウント拡大守真弓記者のツイッターアカウント

 【守真弓】12月30日、東京・赤坂の中華料理店のドアを開けると、にぎやかな中国語に包まれた。湯気の立つ大皿が並ぶテーブルを囲むのは、約70人の中国人留学生。ほとんどが互いに初対面だ。忘年会を企画したのは、千葉商科大学に通う留学生の楊ロン(ロンは山へんに「栄」の「ツ」を「火火」にしたもの)さん(23)。中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」で参加者を募った。

特集:ビリオメディア

 楊さんが微博の力を実感したのは、昨年2月だった。東日本大震災の被災地へのボランティアを呼びかけると、次々に広がり、知らない人からもメッセージが届くようになった。

 張睿さん(30)は、上海から「四川大地震の時に助けてもらったお礼をしたい」と来日。2月に10人だった参加者は、5月には43人に。コンビニや居酒屋でバイトする苦学生たちも自費で参加してくれた。それを知って、こんな声も届いた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

PR情報
検索フォーム

ビリオメディア 最新記事


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

アンケート・特典情報