現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース特集
  3. ビリオメディア
  4. 記事
2013年1月3日22時37分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

記者開設したページ、ノルウェーから育児議論

写真:沓掛俊哉さんと妻のオリガさん、長女のそふぃあちゃんと次女のゆりあちゃん=12月29日、オスロ、西畑志朗撮影拡大沓掛俊哉さんと妻のオリガさん、長女のそふぃあちゃんと次女のゆりあちゃん=12月29日、オスロ、西畑志朗撮影

図:脱少子化への道、フェイスブックに寄せられた意見拡大脱少子化への道、フェイスブックに寄せられた意見

写真:フェイスブックでの呼びかけで集まったパパとママのランチ会=12月20日午後2時28分、東京都中央区京橋2丁目、金川雄策撮影拡大フェイスブックでの呼びかけで集まったパパとママのランチ会=12月20日午後2時28分、東京都中央区京橋2丁目、金川雄策撮影

写真:赤田康和記者のツイッターアイコン拡大赤田康和記者のツイッターアイコン

 【赤田康和】「ニュースをお伝えします。25日未明に次女が誕生いたしました」。ノルウェーの首都オスロで暮らす沓掛俊哉さん(39)から、フェイスブック経由で、メッセージが届いた。昨年のクリスマスのことだった。

特集:ビリオメディア

 フェイスブックは、世界中で約10億人が利用するソーシャルメディア。実名で使うのが原則で、「友達」申請を通じて人と人とがつながっていくネットワークだ。12月5日、今回の連載に向けて、日本の将来を議論するページをつくったところ、約1カ月で約950人が「いいね!」を選び、読者になってくれた。沓掛さんはその一人だ。

 沓掛さんは約3年前、会計コンサルティング会社を辞めて「主夫」になって日本から出た。温室効果ガスの排出量取引市場を分析する会社に勤めるウクライナ人の妻オリガさん(36)の転勤を機に決断した。当時8カ月の長女そふぃあちゃんも一緒だった。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

PR情報
検索フォーム

ビリオメディア 最新記事


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

アンケート・特典情報