現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース特集
  3. ビリオメディア
  4. 記事
2012年12月22日03時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

自民は終始白熱 民主は批判が大半 衆院選つぶやき分析

表:自民、民主に関するつぶやきの傾向と数拡大自民、民主に関するつぶやきの傾向と数

 【竹下隆一郎】衆院選投開票日前日までの19日間、短文投稿サイト「ツイッター」を分析したところ、自民党についてのつぶやき数が他党を圧倒。賛否入り乱れて選挙戦終盤まで白熱していた。民主党については、批判や失望など後ろ向きなつぶやきばかりが目立っていた。

 ネット上で議論が盛り上がった自民に対して、民主が前向きな話題をほとんど作れなかった実態が見えてきた。

 プラスアルファ・コンサルティング社(東京)の協力を得て、日本未来の党が結成を発表した11月27日から12月15日までの間、12政党の名前や主な略称が含まれるほぼすべてのつぶやき計約460万件を抽出。膨大な情報の蓄積である「ビッグデータ」として分析した。「自民」「自由民主党」を含むものは、計150万7281件。「民主」の99万9903件の約1.5倍に達した。

 「支持する」「期待する」などの言葉がある「前向きなつぶやき」と、「駄目だ」「嫌だ」といった言葉がある「後ろ向きなつぶやき」に分類し、どちらの割合が多いかで、「前向き」度を毎日判定した。

 19日間で、自民は「前向き」が「後ろ向き」より強い日が12日あったが、民主は1日だけだった。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

PR情報
検索フォーム

ビリオメディア 最新記事


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

アンケート・特典情報