asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集 > BSE問題  
【BSE問題】
 
牛肉使う外食・小売り業界に痛手 メニュー変更・撤去も

 主要な牛肉の輸入先である米国でBSEの疑いのある牛が発見されたことで、年末年始の人出を見込む外食産業や、歳末商戦がかき入れ時を迎えた小売業界はショックを隠せない。政府は米国牛肉の禁輸を発表しており、すでに流通している商品についても消費者の反応しだいでは、撤去やメニューの見直しが広がりそうだ。

 牛丼チェーンの吉野家ディー・アンド・シーは、年約3万トン使用している牛肉のほぼすべてが米国産。「まだ状況がはっきりとつかめていない」(広報担当)として情報収集を急いでいる。

 米国からの輸入が止まったとしても1カ月分の在庫は確保しており、「すぐに販売に影響することはない」というが、牛肉市場の需給の逼迫(ひっぱく)によるコスト上昇や、イメージダウンによる売り上げの低迷も予想される。

 外食ではほかに、ファミリーレストランのすかいらーくグループも、一部のステーキや焼き肉用に米国産を使用しており、「他国の肉で代替できない場合は、メニューの変更も検討する」という。

 小売り各社は、あと1週間の歳末商戦で、焼き肉やすき焼きなど家族向けの食材が売り込みの中心となる時期だ。消費者は「安全、安心」への反応が敏感になっており、BSEは大きな痛手。

 首都圏を中心に約70店を展開する中堅スーパーのサミットは24日午前、全店の売り場から米国産の焼き肉カルビや牛タンなどを早々と撤去した。

 5月にカナダ産肉牛にBSE感染が確認され、政府が輸入禁止措置を取った際には、各社は在庫も含めて販売を中止した経緯もあり、今回も店頭からの撤去が広がる可能性が高い。

 一方で、ハンバーガー最大手の日本マクドナルドは、パティと呼ぶハンバーガーの肉部分はオーストラリア産牛肉100%で「安全性に全く問題がない」と強調している。 (03/12/24 12:31)




 これまでの記事一覧

  • 米BSE感染牛、肉骨粉禁止の4カ月前にカナダで誕生か(12/30)
  • 吉野家、米BSEで営業見直し 特盛中止、新メニューも(12/30)
  • 日米BSE協議 米が検査見直し方針、輸出再開へ意欲(12/30)
  • 米国産牛肉を国産と偽り販売 容疑のスーパー捜索 長崎(12/30)
  • BSE疑惑牛肉、別の4州にも流通か 米農務省が発表(12/29)
  • 「輸入」の米政府見解にカナダ側反論 BSE感染牛問題(12/29)
  • 米のBSE感染牛、カナダから輸入 米農務省が断定(12/28)
  • 生牛価格、2営業日続けてストップ安 米シカゴ市場(12/27)
  • 米農務省、BSE問題で日本に代表団派遣へ(12/27)
  • 「大統領は牛肉食べ続けている」 米報道官が安全性強調(12/27)
  • 米国牛の脳40キロ輸入、うち23キロ消費 BSE問題(12/26)
  • 米国初のBSE感染を確認 英の研究所で検査(12/26)
  • 米国産牛「継続」「中止」 小売り・外食各社は対応二分(12/25)
  • 中国も米国産牛肉の輸入停止措置決める BSE感染疑い(12/25)
  • BSE汚染の恐れで、牛肉4.5トン自主回収へ 米業者(12/25)
  • マクドナルドなど下落 NYダウ、一時36ドル安(12/25)
  • 米産牛肉5トン、成田空港で足止め 加工品もストップ (12/24)
  • 米産牛、店頭撤去相次ぐ 価格上昇に懸念も(12/24)
  • 米牛肉輸入停止、アジアに広がる ロシアも禁輸措置(12/24)
  • 米国産の牛1頭、BSE陽性 組織採取し英で最終検査(12/24)






  • | 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
    GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
    Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission