asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集 > BSE問題  
【BSE問題】
 
米BSE感染牛、肉骨粉禁止の4カ月前にカナダで誕生か

 米国で初めて見つかった牛海綿状脳症(BSE)の感染牛が、米国とカナダで飼料用肉骨粉が禁止される約4カ月前、カナダで生まれていた疑いが強まった。29日、米農務省が発表した。同省は、問題の牛がカナダでBSEに感染した後で米国に輸入されたとの見方をさらに強め、裏付け調査を急いでいる。

 感染牛を最後に飼育したワシントン州の牧場の資料を同省が調べ直した結果、この牛が97年4月にカナダ・アルバータ州で生まれたことを示す記録があったという。

 米国とカナダでは同年8月、飼料用肉骨粉が禁止された。それまでの4カ月間、問題の牛は汚染された肉骨粉をカナダで食べた可能性がある。

 アルバータ州では今年5月、BSEの感染牛が初めて確認されている。感染源は突き止められていない。同省とカナダ当局はDNA鑑定によって、アルバータ州の感染牛と米国の感染牛に関連がないか調べている。

 一方、今回の感染牛と同時期の01年8月にカナダから米国に輸入された81頭が、同じ肉骨粉を食べていた疑いがある。同省はこれらの牛の行方を追跡しているが、主任獣医師は「今のところ分かっていない」と述べた。 (03/12/30 20:35)




 これまでの記事一覧

  • 米BSE感染牛、肉骨粉禁止の4カ月前にカナダで誕生か(12/30)
  • 吉野家、米BSEで営業見直し 特盛中止、新メニューも(12/30)
  • 日米BSE協議 米が検査見直し方針、輸出再開へ意欲(12/30)
  • 米国産牛肉を国産と偽り販売 容疑のスーパー捜索 長崎(12/30)
  • BSE疑惑牛肉、別の4州にも流通か 米農務省が発表(12/29)
  • 「輸入」の米政府見解にカナダ側反論 BSE感染牛問題(12/29)
  • 米のBSE感染牛、カナダから輸入 米農務省が断定(12/28)
  • 生牛価格、2営業日続けてストップ安 米シカゴ市場(12/27)
  • 米農務省、BSE問題で日本に代表団派遣へ(12/27)
  • 「大統領は牛肉食べ続けている」 米報道官が安全性強調(12/27)
  • 米国牛の脳40キロ輸入、うち23キロ消費 BSE問題(12/26)
  • 米国初のBSE感染を確認 英の研究所で検査(12/26)
  • 米国産牛「継続」「中止」 小売り・外食各社は対応二分(12/25)
  • 中国も米国産牛肉の輸入停止措置決める BSE感染疑い(12/25)
  • BSE汚染の恐れで、牛肉4.5トン自主回収へ 米業者(12/25)
  • マクドナルドなど下落 NYダウ、一時36ドル安(12/25)
  • 米産牛肉5トン、成田空港で足止め 加工品もストップ (12/24)
  • 米産牛、店頭撤去相次ぐ 価格上昇に懸念も(12/24)
  • 米牛肉輸入停止、アジアに広がる ロシアも禁輸措置(12/24)
  • 米国産の牛1頭、BSE陽性 組織採取し英で最終検査(12/24)






  • | 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
    GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
    Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission