asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集 > BSE問題  
【BSE問題】
 
吉野家、11日に牛丼販売停止 米産輸入禁止で在庫切れ

今後の牛丼販売について話す安部修仁社長(手前
会見で、今後の牛丼販売について話す安部修仁社長(手前)=9日午後、東京・兜町で

 牛丼チェーン最大手の吉野家ディー・アンド・シーは、11日に牛丼の販売を停止する見通しになった、と9日発表した。米国産牛肉の輸入禁止に伴う在庫切れのため。大手牛丼チェーンで牛丼販売が残るのは、定食メニューの多い松屋だけとなる。販売終了後の業績は「客数で7割、売り上げは75%になる」(安部修仁社長)と予想している。

 また吉野家は同時に、輸入が再開されたあとも代替メニューの一部の販売を継続する方針も明らかにした。

 店舗ごとに時間差はあるが、食材が切れ次第販売を打ち切る。牛丼だけでなく、牛皿、牛鮭(さけ)定食も販売を中止する。ただし、周辺の店で扱っている商品と競合する懸念から、新メニューの提供が難しい築地店(東京都中央区)と競馬場、競艇場内の計10店では、国産牛などを使って牛丼の販売を継続する。築地店の牛丼(並盛)の価格は500円とする。

 吉野家では、在庫切れを先延ばししようと、国産牛をブレンドしたり、国内にある米国牛肉を新たに調達したりしてきた。だが、「駆け込み需要」も多かった。今後は、いくら鮭丼の販売を順次全店に広げるほか、新メニューの価格の値下げも進める。

(04/02/09 19:41)


 関連情報  


 これまでの記事一覧







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission